タローは元気にしています。
 b0032380_172718100.jpg最近はタローのことは書きそびれていますが、タローは相変わらず元気です。

 昭和51年の5月からうちの家族になっていますので、もう32歳になっています。

 産毛の生えたばかりの赤ちゃんの時から手塩にかけて育てましたので可愛さも一入でございます。
 子供たちと共に成長しましたので色々な言葉を覚えましたが、その子供たちもそれぞれ独立して別所帯になってからこのかた、言葉使いがおかしくなってきましたし、新しい言葉も覚えなくなってきたのであります。

 朝から「お早う~ オハヨウー」というのは天下一品ですが、食事の催促にも「おはよう」というようになってしまいました。
 朝も昼も夕も、のべつまくなしに「オハヨウ」言うのであります。
頭が良いといえばそのとおりですが、馬鹿といえば馬鹿であります。
 「おかぁさん」「おばあちゃん」とはいいますが「お爺ちゃん」とは決していいません。「只今」「お帰り」もきれいに言います。
「ジローどこなの?ママーここだよここ。広いからね~カローラは。ママーここにいたのー」「ジロー、こっちよ~こっちこっちよー」。
 この場合のジローとは現在うちにいる愛犬の名前ではなく、昔々の車のコマーシャルの文句なのであります。

そのほか「タローちゃんはいい子よー」「まつうらさ~ん」など、出鱈目に喋るのであります。
 私が教えた口笛「ホーホケキョ」という鶯の鳴きまねはとても上手です。
キエリボウシインコのタロー(クリックすれば以前の記事が見られます)
 
釣りバカ船長から釣りの誘いがありましたが、18日に阿蘇の仙人さんと阿蘇ボーイさんとの三人で釣り筏に乗る約束をしていますのでキャンセルしましたところ先程「あーたがこんだったけん。大漁だったバイ」という憎たらしい電話がありました。

私が参加しなかったときに真鯛が三人で7匹も釣れたというのは眉唾ものであります。  ホントかな?
b0032380_17412543.gif

by bukkin | 2008-09-13 17:38 | キエリボウシインコののタロー | Comments(2)
Commented by ナッツ at 2008-09-15 15:24 x
ヤァ~タロウくん、何時見ても男前さんですね。
毛並みが衰えず素晴らしいイケメンと言うのかな。

綺麗にしてもらって幸せタロウくんは、言葉がとても豊富なんですね。
可愛くて可愛くてたまらなと言っておられますよ。

ねぇ~、タロウくん~、「おじいちゃん」と言って上げてね。
             ナッツ ba-ba より
Commented by bukkin at 2008-09-15 17:10 x
ナッツさんこんにちは。
今日は一日中雨でした。台風13号の前触れでしょうか?
タローはとても元気にしています。お爺ちゃんとは何度教えても言いません。私を無視しているのかもしれません。


<< 台風13号の進路? 徒歩で市の中心部へ >>