ふと、方丈記を思い出す
b0032380_17512288.gif散歩しながらふと「方丈記を思い出したのでございます。

行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。
よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。
世の中にある人とすみかと、またかくの如し・・・・・」


昔々、高校時代に叩き込まれた鴨長明の随筆を口ずさみながら歩いている自分に、そこはかとなく無常を感じたのでございます。

毎日のように散歩して、いったいいつまで生きるつもりなのだろうと思うと、空しく、切なくなってしまうのでございます。

もう84歳になりました。「年寄りは死んでください国のため」と言う狂句が身にしみて感じられる今日この頃でございます。
b0032380_16470218.gif

by bukkin | 2018-10-04 16:47 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< またまた台風襲来 初入閣12人中カラオケ好き3人 >>