玉音放送から70年の歳月が流れました
 今日は8月15日、終戦の日であります。玉音放送から70年の歳月が流れたのでございます。
 全国戦没者追悼式が日本武道館で開催されました。式典で天皇陛下の、「先の大戦にに対する深い反省と共に・・・」というお言葉が初めて盛り込まれていました。

 このお言葉は昨日の首相談話で安倍首相が、歴代内閣が近隣諸国への謝罪を続けてきた経緯を説明する形で、「痛切な反省」と「おわび」に言及していたことと関連するものだと拝察いたします。

 昨日の首相談話は戦後70年を区切りとして発表されたものですが、その中で「あの戦争には何ら関係のない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちや孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」
と言うくだりがございますが、首相の思いが強くこめられれいると思います。

 いつまで謝罪謝罪と求められるのでしょうか、歴代の内閣が謝罪を繰り返し、今回もまた「おわび」を継承していることで十分ではないでしょうか。

 今回の首相談話に色々な批判があるようですが、そのことが我が国の国益を害することになっては元も子も無いのでございます。
b0032380_18270870.gif

by bukkin | 2015-08-15 18:56 | 思考・愚考 | Comments(2)
Commented by tomiete3 at 2015-08-16 09:30
  おはようございます。
 非核三原則を省いた以上に、謝罪を省けば・・日本中の新聞や野党は・・天下をとったといわんばかりに騒ぐでしょう・・

  不思議な国です。戦後生まれが8割・・いつまでいい続けるでしょうね。
Commented by bukkin at 2015-08-16 17:52
トムジーさん こんにちわ。
最近、首相に対する野党の批判は目に余ります。本当に不思議な国ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< あけぼの会GGでホールインワン 塩焼きサイズの真鯛が釣れました >>