65回終戦記念日
 1945年8月15日。我が国は戦いに敗れました。8月6日と9日の原爆投下が決定的な引き金でした。
あれから65年の歳月が流れたのでございます。

 b0032380_17552126.gif政府主催の全国戦没者追悼式が天皇、皇后両陛下や管直人首相、遺族代表ら5000人が参列し、日本武道館で挙行されました。先の大戦のことを思うと、軍国少年であった私にとって感無量のものがございます。

 民主党政権下で初めての終戦記念日ですが菅内閣の全閣僚が靖国神社には参拝しないとのことであります。
「A級戦犯が合祀されており、首相や閣僚の公式参拝には問題がある」との立場だそうです。天皇陛下も参拝はされません。
 「天皇陛下万歳!」と叫んで死んでいった英霊たちのことを思うと胸が痛みます。

 自民党の谷垣総裁や大島幹事長ら党幹部は15日に靖国参拝を表明していますが、どうだったのでしょうか?この問題で国民の意見が分かれることは悲しいことでございます。
b0032380_17561957.gif

by bukkin | 2010-08-15 17:55 | ブッキンのつぶやき | Comments(2)
Commented by 村石太マン at 2010-08-15 22:01 x
靖国神社が よくわからない どういう宗派なのかなぁ
東条ヒデキ 軍人の墓ではないんだよね。
名古屋で言う 熱田神宮みたいなものかなぁ ウェーブみたけれど 長いので 思ったこと書く事にした。
菅総理 靖国神社の参拝いかなかった みたいだね 日本の行事ではないんだね 宗教の自由ということらしい。わかることは 戦争で死んだ人戦争で苦しんだ人
戦争で命令した人 
戦争は 嫌だということ
Commented by bukkin at 2010-08-15 23:47
村石太マン さん コメント有難うございます。
難しい問題ですね~。宗教の自由とは強制してはならないことですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 九州学院8強へ進出 中京大中京高校惨敗 >>