菜の花畑
b0032380_1512429.jpg
 先日、上天草市で菜の花フェスターが行われましたが、その場所を通りかかりました。
 綺麗な菜の花が咲き乱れていましたので、携帯でパチリ!

早速送信して帰ってから編集してみると、写真が何だかすすけて見えます。
 菜の花に申し訳ない思いですが、写真の腕が未熟ですので・・・・
    ゴメンナサイ
# by bukkin | 2005-02-10 15:01 | ブッキンのつぶやき | Comments(2)
天敵殿からのお誘い
 今度の日曜日2月13日、麻雀小会のご案内が天敵竜之介殿からありました。

 残念ながら、今度の日曜日にはオトト釣りの約束をしているので麻雀は出来ないのでございます。

 約束した相手は、釣りバカのA船長で、6日の日曜日に釣行したB船長ではありません。

 二人の船長にそれとなく交互にお付き合いをしなければ、船を持たない私は、かけがえの無い大事な大事な馬鹿釣友を失うことになるのでございます。

 さりとて、麻雀も断わってばかりいるとこちらも「ブッキンは当てにできない」と言うことになり
 天敵から見放される恐れがあるのでございます。

 あ~ あー どうしょうかな??
b0032380_1639128.gif


 後はどうなとキャーナロタイ!!  やっぱり釣りに行こう!!  決めた!  決めた!!

    天敵殿許してチョウダイ!   日曜日は忙しいのです
b0032380_16355988.gif

# by bukkin | 2005-02-09 16:40 | ブッキンのつぶやき | Comments(2)
中東和平
 国内では暗くて嫌なニュースが続いていますが、外国には明るいものがあります。
 本日の熊日夕刊によればイスラエルとパレスチナの両首脳が今夕会見し、停戦協定の話し合いが行われる模様です。

 2千数百年の宗教上の対立と領土問題が解決するには気の遠くなるような困難さを伴うでしょうが、事態が好転する事を願って止みません。

 何も書くことが無かったので思いつくままにカキコしました。
b0032380_23261113.gif

# by bukkin | 2005-02-08 23:25 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)
年金改革の話 17
 b0032380_2039210.gif本日、江津サロンに参加しました。 16ヵ国北欧一人旅をなされた宮村さんの体験談をお聞きし、その勇気と実践に驚嘆いたしました。興味溢れる貴重なお話、有り難うございました。

 さて、戯言やオトト釣りの話で中断していました年金の話でも続けましょうか。
この話はそろそろ終わりにしたいと考えています。

 超少子高齢化社会の到来に対して、年寄りと現役世代がお互いに痛みを分かち合って行かねばならないという、気の思い話を続けているのですが、基礎年金も一律に給付調整をするのでは、給付水準が低下しすぎるのではないか?果たして生活の基礎的部分を賄えるのか?という疑問があります。

 これに対して厚労省は「これまでの物価の伸びと基礎的消費支出の伸びを考慮すると、給付調整を行っても、基礎年金が老後生活の基礎的部分を賄うことは可能です」と述べています。

 現在の基礎年金の水準は、夫婦2人分で満額13.2万円になっていますが、この額は高齢者夫婦世帯の衣食住をはじめとする高齢期の生活の基礎的な部分をほぼカバーする水準になっているとのことです。

 その根拠は、総務省統計局による、平成11年全国消費実態調査報告にあります。
 それによると、食費+住居+光熱・水道+家具・家事用品+被服・履物=12.2万円だそうです。

 この数字を家の財務大臣に伝えて意見を聞きましたところ「バッカじゃなかろか!!」と一喝されました。
 持ち家に住んで、ごく普通の生活をし、子や孫と係わり、冠婚葬祭に失礼にならぬ程度のお付き合いをすれば、絶対にやっていけないそうであります。

 私が、何か誤魔化してお小遣いを値上げしやしないかと思ったのかも知れません。

 長くなりますので、次回に廻します。
b0032380_20392558.gif

 
# by bukkin | 2005-02-07 20:30 | 年金制度改革の話 | Comments(0)
真冬の海釣り
 月齢26.6 中潮  本渡港満潮7:17  干潮13:09
 午前5時集合出発。 釣り開始7:00  納竿14:00  帰着16:30
 
潮の流れも良し、天気予報では本日は晴れ、風も弱く絶好の釣り日和と思いましたが、どっこいそうはいきませんでした。

 一日中曇り、風強く白波が立っていて、寒い一日でした。

 釣り場は、宮田港沖の養殖筏付近。  ブイに繋いで係り釣りをしました。
釣り方は、以前紹介致しましたサビキ釣りでございます。

 釣果は写真のとおりです。大きさは、1.05㎏と1.08kgでほとんど同じ大きさでした。
b0032380_1855195.jpg

 たったの2匹ではないか!と思われるでしょうが、天草の真冬の釣りはこの位が良い方です。坊主になることもよくあります。

 5人で行きましたが、名人のB船長は、ハマチ1.2キログラム、大鯵約500グラム、小鯛約300g合計3匹。現場から写真を送付した友人は、真鯛約1.8キログラム1匹だけ。あとの二人は丸坊主でした。

 4人とも私よりはるかに上手です。何時も私が一番下手なのです。

 「今日は、下手の釣れる日」と坊主の二人が冷やかすのでございます。

 「釣れない時に釣るのが本当の上手!入れ食いの時は馬鹿でも釣れる!!」と言い返しましたが、本当は憑いていただけで腕ではありません。

 オトト釣りは腕ではなく場所なのでございます。座った場所が良かったのであります。   ウッシッシ~

 潮の流れが満ち潮になればオトトが食いつくかと思って皆で14:00まで粘りましたが駄目でした。
 皆に冷やかされながらたった2匹で満足して帰りました。

 もう直ぐ調理に励んでいる財務大臣が「刺身が出来たよ~  ご飯よ~」と喚くでしょう。

 風呂には入ったし、釣果報告はカキコしたし、後は鯛の刺身で焼酎を飲んでバタンキュ~b0032380_18253412.gif
# by bukkin | 2005-02-06 18:31 | 釣りバカ控帳 | Comments(4)
只今、真鯛を二匹釣っています。
b0032380_13105993.jpg

 この写真はブッキンではありません。
釣りバカ友達の一人で、サビキに付けた餌を確かめているところです。

 私は只今真鯛の1kgぐらいのを2匹釣っていますが、後は期待できないようです。
# by bukkin | 2005-02-06 10:10 | 釣りバカ控帳 | Comments(2)
撒かれた餌に群がる鳩
b0032380_10274767.jpg
 鳩好きのお方でしょうか餌を撒いておられましたが、そこに鳩たちは喜んで群がっていました。

 そのお方が去られた後、近づいてパチリとやりましたが、鳩の数は半分も無いくらい減ってしまいました。

 私はオトトにとっては恐ろしい男かもしれませんが鳥達には優しいつもりです。
でも、鳩達はろくな奴ではないと見抜いたようです。

 明日またオトト釣りに挑戦します。

 先日暴風雪のため現地まで行って断念したことへのリベンジでございます。

 天気は良いようですが、釣れるか釣れぬかは運次第でございます。決して腕ではありません。
        明日釣果報告を致します。
b0032380_13513119.gif
# by bukkin | 2005-02-05 10:27 | ブッキンのつぶやき | Comments(2)
立春を迎えて
 昨日は節分、今日は立春。寒さはまだ厳しいものがありますが梅の花も開花し、本格的な春はもうそこまで来ています。

 熊本県では、14歳の立春の日を立志の日と定めています。

 「この年齢まで無事に育ったことを周囲に感謝し、これから先の心身の健全な成長を期するとともに、やがて来る色々な難関を突破しようとする自覚を固める」のがその趣旨ということであります。

 本日、県下の多くの中学校で2年生を対象に立志式が挙行されたことでしょう。

 もともと立志式は、大人へ一歩近づいた少年少女に自覚を促し、自分の将来を考え、志を立てさせようという目的で昭和38年日本児童文芸家協会によって提唱されたものです。

 14歳という年ごろは、精神的にも肉体的にも、子どもが大人の世界に入る区切り目であります。昔はこの年頃になると元服という儀式が行われていましたが、それを現代に復活させたものが立志式であると考えた方が分りやすいと思います。

 14歳以上になると法律上責任能力があるとみなされ、少年法ではそれまでの触法少年から刑法少年へと見方が変わり、法に触れた場合、児童相談所から少年院送致へと保護措置が大きく変化します。

 14歳は青少年期で心が一番揺れる時といわれ、少年非行や陰湿ないじめなどもこの年代が目立っています。それだけにこの年の立志式には、重大な意味があると思います。

 立志式の校長講話で、よく引用されるのが幕末の志士橋本左内が14歳の時に書いた「啓発録」です。左内は自分の戒めとして、学問をするには次の五項目が大切であると述べています。
 「稚心を去る」「気を養う」「志を立てる」「学を勉むる」「交友を択ぶ」。

 易しく言うと甘え心を捨て、気力を養い、目標をしっかり定め、学業に励み良友を選ぶということであります。

 立志の日にあたって、少しでも多くの中学生が、この日を契機として心機一転し、将来に向かって大きく羽ばたいてくれることを心から祈りたい気持ちで一杯です。
# by bukkin | 2005-02-04 18:25 | 思考・愚考 | Comments(0)
今日は節分
b0032380_122579.jpg

 昨日までの強い寒波は遠ざかったようですが、まだまだ厳しい冷え込みが続いています。

 今日は節分、明日は立春。

 春は名のみでございますが、梅の花が綺麗に咲いています。
# by bukkin | 2005-02-03 10:10 | ブッキンのつぶやき | Comments(2)
年金改革の話 16
 寒いですね~  日本列島がすっぽり冷蔵庫の中にあるようです。各地で大雪による事故が相次いでいます。
 先日オトト釣りに行って、海を眺めただけで引き返した釣りバカの私も今日はおとなしく年金のお勉強をしています。
 
b0032380_23423810.gif少子化問題に付きまして、もう少し考察をしてみたいと思います。

 仮に、女性が皆30歳で一人だけ子供を生む社会を考えてみたいと思います。
このような社会では、毎年の出生率は常に一定になります。

 ところが、ある年以降は、女性が30歳で子供を産まなくなり、31歳になってから子どもを産むようになったとします。つまり晩産化が一年進んだと考えるのです。

 そうすれば、その年は全く子どもが生まれませんので、その時の出生率は一時的に下がることになります。

 しかし、その年に30歳だった女性が翌年31歳になって皆子どもを産めば、出生率はもとの数値に戻り、それ以降は、皆31歳になれば子どもを産みますので、毎年の出生率は再び一定になるのです。

 これは極端な例ですが、ある世代以降出産が遅くなると、言い換えれば晩産化すると、出産が遅れている間は、一時的に出生率が下がることはありうるのです。
 
 現時点での出生率は、こうした晩産化による影響が、この例よりも時間をかけて起こっているということです。

 結局、合計特殊出生率の1.29は一時的なものであり、将来の数字は1.39として勘案したのが今回の改正であったと言うことであります。

b0032380_2344926.gif

# by bukkin | 2005-02-02 22:18 | 年金制度改革の話 | Comments(2)