<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
「くまもと城下まつり」
 昨日、下手なグランドゴルフに興じていたころ、熊本市の中心街の通町筋一帯で「くまもと城下まつり」が開催されていたのであります。
 
 毎年開かれているもので今年で3回目だそうです。歩行者天国となった水道町~城東町の電車通り約500メートル間は、昨年より9000人多い約8万4千人の人があふれたそうであります。

 b0032380_17515994.gif特に本年は、3月23日に熊本市と合併した植木町、城南町の団体による太鼓の演奏で幕が上がったということであります。
 下手なグランドゴルフをして、ブービー賞に輝くよりも、このようなイベントに参加したほうが良かったのかもしれません。

 会場周辺が歩行者天国ですのでもちろん車両は通行禁止。市電やバスも折り返しや迂回運行しなければなりませんでしたが、目立った混乱はなかったということであります。

 本日は4月13日に骨折手術入院した母が無事回復し、熊本中央病院から近所の整形外科医院に転院いたしましたので、午前中は完全にそのことで忙殺されました。
 
 今後リハビリの必要がありますので、本格的な退院には後一月ぐらいかかるのだそうであります。
b0032380_17553754.gif

by bukkin | 2010-04-30 17:52 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)
STKグランドゴルフ例会(H22.4.29)
 昨夜、かなり強い雨が降りましたので、本日のグランドゴルフ例会は当然中止になるものと思っていましたが、一向に中止の電話連絡がありませんでした。

 夜半には雨が上がったようですが、オネンネしていましたので気付きませんでした。

 ところが今朝起きてみてあまりの天気の良さに何度も目を擦ったのでございます。快晴であります。

 これではSTKグランドゴルフ会長からの中止指令は来ないのがあったりまえでございます。慌てて準備して運動公園に駆け付けた次第であります。
b0032380_17411082.gif  
 本日は昭和の日で、大型連休のスタートだったこともあり、出席者は意外と少なく19名でした。

 9:30、競技開始。4ラウンド回り終了したのが11:00。

 私のスコアは、26-19-23-18=86で、オールラストにホールインワンが出たのですが、なんと順位は19人中18位。ドベから二番目のブービーでした。

 何度やっても上達いたしません。もしホールインワンが出なかったならば、完全にドベでした。
b0032380_17445299.gif

by bukkin | 2010-04-29 17:41 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)
熊本市退職校長会総会&懇親会
 14:00より、メルパルクで熊本市退職校長会総会ならびに懇親会がございましたので、参加してまいりました。
徒歩で行くつもりでしたが、内科検診を受ける必要がございましたので、時間的に無理をしますのでバスで出掛けたのであります。

 総会はいつものとおりシャンシャンと進みましたが、総会終了後の講演会が素晴らしいものでしたので、書いてみたいと思います。

 講師は、平成音楽大学の学長であり教授である出田敬三先生で、上田愛彦(オーボエ奏者・平成音楽大学準教授)さんと、高光洵子(ソプラノ平成音楽大学音楽部音楽学科4年生)さんの二人を伴っての講演でございました。
b0032380_21264763.gif
 「素晴らしい音楽との出合い」と言う内容でしたが、懐かしい曲を中心にした素敵な内容でした。

 その後、懇親会がございましたが、ほどほどにお酒を飲んで先ほど帰宅いたしました。

 昨日も飲み、本日もまたの飲み。糖尿病の患者にしては恐るべき虞行でございますが、馬鹿のすることですから仕方がありません。
 
 内科検診の結果は無残なものでした。ヘモグロビンA1Cの値が、高騰していまして、この分では入院しなければならなくなります。
 
 明日から、鶏の えさのような食事にしなければなりません。山の神に言えば本当にうそうなりますので、黙って自分で摂生いたします。
 
  罰があたったのか、バスから降りて土砂降りの雨にあいました。
b0032380_21242622.gif

by bukkin | 2010-04-28 21:24 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)
 新年金制度は?
 政府は、「新年金制度に関する検討会」を3月8日に開催いたしましたが、議長である鳩山首相が、米軍普天間飛行場移設問題をめぐって右往左往していますので、一向に進捗する状況にはないようであります。

 新年金制度検討会は、3党連立政権発足にあたり、「一元的で公平な年金制度を確立する」「所得比例年金」と「最低保障年金」を組み合わせることにより、低年金、無年金問題を解決し、転職にも対応できる制度とする。との政策合意に基づくもので、この方向性に従って検討が行われるというものであります。

 今後の検討スケジュールは、まず実務者レベルで、なぜ新しい年金制度を設計することが必要なのか、日本社会が直面し、今後直面する社会構造の変化を確認し、そのうえで、新年金制度の基本原則を5月ぐらいを目途にまとめるというものであります。

 長妻厚労相は、若い人が無理なく払える持続可能な制度、ライフスタイルの変化にも対応でき、転職を繰り返しても変わらない一つの制度、最低保障機能がある制度の三原則をあげ、最低保障は税金で措置することにしたいと考えを述べています。

 いずれにしても、最低保障年金は財源は消費税で賄うことになりますがその率はどのくらいになるのか?自営業者の所得は全て的確に把握できるのか?現在の無年金者と保険料納付者との公平性の確保はどうするのか?解決すべき問題は山積しているのであります。

 政府は平成25年までには新年金法をスタートさせたい方針のようですが、この問題いは簡単に解決できるものではありません。

 今後の動きに目が離せないのであります。
b0032380_1118177.gif

by bukkin | 2010-04-27 11:18 | 年金制度改革の話 | Comments(0)
 ピグマリオン効果
 いつも馬鹿話ばかりしていますので本日は少し真面目なことを書きます。

 「熊本教育評論の会」から5月号への執筆依頼がありましたので原稿を送りましたところ、昨日手元に届きました。
 本日は特別に書くこともありませんので、コピー&ペーストいたします。

 論題は「ピグマリオン効果」です。

 ピグマリオンとは、ギリシャ神話に出てくる王子の名です。この青年王子は彫刻の名人でした。

 ある日、王子は素晴らしい女性像を完成いたしました。そして、事も有ろうに自分の彫りあげた乙女の像に恋をしてしまったのでした。
 王子は明けても暮れてもその彫像の前にたたずみ、「生きた女性だったなら・・・命が与えられたならなあ・・・」と思い続けました。それを見ていた愛の女神は、その思いを叶えるために、王子が彫ったその像にそっと命を吹き込みました。

 さて、ピグマリオン効果とは親や教師が子どもに対して密かな期待、例えばこの子はきっと素晴らしい人間になると心の中で信じ続ければ、子どもはその期待にこたえるようになるという心理効果のことをいうのであります。この効果と反対の眼で子どもに接すると逆の効果が表れることは当然のことです。

 私が新任教師のころ、訪問したある小学校の校長室で「子らとともに、子らのために」という言葉に出会いました。
 それまで何の理念・信条も持たず中学校教師の道を歩んでいた私にとってこの言葉は電撃的なショックを与えたのであります。それ以後「生徒と共に、生徒のために」が私の教育指針となりました。

 ピグマリオン効果を特に意識したことはありませんが、常に子どものためを考えて教育に当たれば、その効果に近づくことができるのではないかと思います。

 教師は、一人ひとりの子どものあらゆる可能性を信じて教育に邁進したいものです。
 また、当たり前のことですが、その子どもの背後に限りない親の愛があることを忘れてはなりません。
b0032380_1743955.gif

by bukkin | 2010-04-26 16:56 | 思考・愚考 | Comments(4)
関アジ釣り余話
b0032380_16251078.jpg
昨日の関アジ釣りについて、書いておきたいことがありますので二番煎じですが、たわ言を申してみたいと思います。

 この写真は納竿後、帰路に向かって伊予灘を航行中のものであります。御覧のとおり天気は上々。遥か彼方に四国の松山が望めます。

 午前中は、天気晴朗なれども波高しといった、関アジ釣りにはかなり厳しい条件でしたが、午後になってからは波は静かになり最高の天気になりました。

 使用した竿は先日購入したHOKAKE50-330であります。
 竿の調子よし、感度抜群。同行者の竿は百さんが並み継ぎですが、後の4人はインナー竿でした。

 この度の私の竿は、インナーではなく3本並み継ぎ竿で、先径が1.7mmと細く、7:3調子なのでとても感度が良く満足しました。

 ただ、真アジは、アジの唇が弱いので釣り上げる時に、唇が切れてバラしてしまうことが多いのであります。

 今回のような大物は特にバラシが多いのです。私も10回位逃がしてしまいました。その反省ですが、クッションゴムを一回り小さく2~3㎜にしたほうが良かったのではないかと思います。
 もしそうしていれば釣果は30匹を超えていたかもしれません。

 しかし、そんなに釣って帰ったら、山の神が病気をするかもしれませんので、クーラーいっぱい以上は釣る必要はないのでございます。

 仕掛けは、重り120号。サビキはシーガー5-5-7。

 電動リールで巻き揚げますので、深さ60~70メートルでも苦になりませんが、やはりアジが途中で逃げると頭に血が上ります。
b0032380_177408.gif

by bukkin | 2010-04-25 16:25 | 釣りバカ控帳 | Comments(4)
関アジ釣れました
b0032380_1457250.jpg 写真送付(14:57)⇒

 午前1時自宅出発。Nさんが迎えに来てくれました。途中でKさんを拾い、集合場所の大津で待ち合わせ。

 百さんと、山さんと、Nさんの友人の橋さんと合流。総勢6名で2時出発。大分港到着乗船、5時出航。
 釣り場は伊予灘、四国沖。片道2時間の航行で到着。

 釣り開始7時。納竿14時。大分港発17:30。帰宅20時20分。

 風呂に入っている間に山の神が調理してくれましたので、関アジの刺身と吸い物で晩酌。

 あまりにも美味かったので少し余計に飲みまして轟沈。

 6人の釣果はほとんど同じで、私の釣果は真アジ22匹。それもビッグサイズで大きさは46~48㌢、重さは700~800g。クーラーいっぱいでやっと抱える重さでした。
 
 並べて写真を撮ると鮮度が落ちますので、現地でクーラーの中を写していますが、これでは大きさが分からないのが残念でございます。

 山の神が申しますには、22匹全てが腹に白子や真子をいっぱい詰めていたそうであります。これの煮つけがまた美味なのであります。

 6人とも久しぶりの大漁で大喜びして帰宅いたしました。

 途中でいつもの釣り仲間の中さんに電話をかけ「とりに来たらでっかい関アジをプレゼントするぞ!」言いましたところ中さんが喜んで自宅前で待っていました。大アジを3匹プレゼントいたしました。
 飛び上がるように喜んで帰って行きました。

b0032380_916818.gif

by bukkin | 2010-04-24 14:57 | 釣りバカ控帳 | Comments(4)
天候回復・明日は関アジ釣り
 「タケノコ梅雨」なのか台風なのか訳の分らぬような悪天候が続き、3週間前から予約していた関アジ釣りがパーになりはしないかとはらはらしていましたが、どうにか天気が回復し、明日は予定通り関アジ釣りに出発出来そうであります。

 b0032380_1718741.gif後輩のNさんが、明日午前1時に自宅まで迎えに来てくれます。もちろん現地までの送迎付きですから関アジ・サバを釣りながら、ビールを飲んでも飲酒運転になることはないのであります。

 最近の情報によると、豊後水道では腹太の真アジが釣れているそうで、時には大サバも混じるとか?思っただけでも胸がわくわくいたします。

 何が何でも30匹以上は釣りあげたいと思っていますが、こればかりは行ってみなければわかりません。魚群探知機に魚影が映っても、魚のご機嫌が悪いと食いつかないのでございます。

 明日はアジ・サバのご機嫌が良いことを願って今夜は晩酌を済ませたらすぐオネンネしたいと思います。
 午前1時出発ですから、その前に4時間は睡眠をとっておかなければなりません。

 居眠りしながら魚釣りをすればアジ・サバに失礼になりますし、海に落ちるかもしれません。
b0032380_17171764.gif

by bukkin | 2010-04-23 17:17 | 釣りバカ控帳 | Comments(0)
台風がやってきたのかな?
 今日の風雨は物凄かったですね!。熊本市では瞬間風速19.2㍍。熊本地方気象台は一時、大雨洪水警報を発令したほどであります。

 私は本日市民ホールで会議がありましたので、徒歩で行くところを、仕方がないのでバスで行きましたが、バスは25分も遅れてやってきました。いつものバスに乗れば遅刻は免れなかったと思います。
 
 会議には、数人の仲間が、遅刻いたしました。春の嵐のせいですから仕方がありません。誰一人文句を言う者はおりませんでした。

 会議も無事終了し、場所を移して懇親会を行いましたが、案内の不行き届きのため、半数の参加しかなかったことは極めて残念でございました。

 懇親会終了後、N熊本市会長と二人で二次会を致しました。積もる話が色々とあったからでありあります。

 そのために先ほど帰宅いたしました。
 帰宅は18時30分ごろだったと思います。その割にはあまり酔っ払っておりません。
 晩酌も可能ですが、そんなことをすれば山の神から追い出されますので、今日は晩酌抜きでおとなしくオネンネいたします。
 
b0032380_19312728.gif

by bukkin | 2010-04-22 19:31 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
舛添前厚生労働大臣新党結成へ?
 夕方テレビのニュースを見て驚きました。
 
 国民から、総理大臣としてふさわしい人として最も人気の高い舛添要一前厚生労働大臣が、ついに新党結成に踏み切るようであります。

 数日前、大阪府知事や宮崎県知事と連携について話し合った際に、記者会見で「新党結成を考えているのか?」と問われた時に「全ての可能性はオープンです」と肯定も否定もしませんでしたが、どうやら新党結成に舵を切るようであります。
 b0032380_18353850.gif
 自民党内で総裁に選ばれ政権を目指すのが一番良いと思われますが、舛添氏は、国民から人気はあっても自民党内では批判が強いようです。
 どんなに人気があっても、多数の国会議員が支持しなければ総理になることは出来ないのであります。

 自民党内で執行部批判を繰り返す舛添氏に対して党内からは「オオカミ中年」と揶揄されているとのことです。

 自民党内では党内批判をするなら離党すべきだと強く批判されていましたので、離党せざるを得なかったのでしょう。今週中に離党して新党を結成する模様であります。

 舛添氏に果たして何人の議員がついて行くのでしょう?5人以上なければ新党結成の意味はないのであります。

 新党が結成されたとしても国民の支持は集まるのでしょうか?政界のことは全くわかりません。一寸先は闇なのでございます。
b0032380_1836528.gif

 
by bukkin | 2010-04-21 18:36 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)