<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
鯛釣り前日
b0032380_17122333.jpg

アジゴを釣りました。面白いように釣れました。
by bukkin | 2007-11-30 17:12 | ブッキンのつぶやき | Comments(2)
又また光凝固
 11月5日に出田眼科病院で二度目のレザー治療(光凝固)を受け、「今回の処置はこれで終りです。後は外来で様子を見ましょう」と主治医に言われほっとしたことは以前「秋雨」に書きました。

 今日がその外来の予定日でしたので出かけましたが、診察後「まだ少し残っていますね。後一度レザーをかける必要があります。時間がありますか?」と言う主治医の言葉に愕然といたしました。

 やむを得ず「今日は予定はありませんので宜しくお願いします」と返事をいたしました。

 暫らく時間を置いて光凝固室に入ることになりましたが、あの鈍痛を又味わうのかと思うと気が滅入りました。141回もレザー光線を右目に当てられました。脂汗が出る思いでした。

 視力が回復する治療ではありません。これ以上悪くなるのを防ぐものであります。失明しないためには是非必要な治療であります。仕方ありません。こうなったらまな板の上の鯉のような心境にならねばなりません。

 午前9時から11時までかかりました。

 話は変わりますが、明日は牛深あかね市の前日です。
午前9時に宇土山本釣具店に集合してKSN仲間のふくちゃんの車に乗せてもらって牛深町へ向かうことになっています。

 釣り部長のミモザさんから次のような連絡が入っています。

 「今日は。皆様のご意見で宇土の山本釣り具店に9時集合になりました、
その日は 12時過ぎ頃が満潮で引き潮になります、手のひらサイズのクロやメバルが釣れる場所は知っていますが 他のお方が良い場所をご存じではと
思っています、赤アミとパン粉を撒き餌にして 餌はオキアミか 虫を少し
用意すれば良いかと思います、堤防からの釣りですので 4,8m位の1号~1,5号の竿があれば充分と思います。」


 今から準備にかかります。明日はクロでも数匹釣り上げて一泊し、12月1日の鯛釣りを堪能したいと思います。生簀の中を釣るのですから必ず5匹は約束されています。
b0032380_1433249.gif

by bukkin | 2007-11-29 16:18 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
命を見つめた教育
 本日、熊本教育評論の会の月刊小冊子12月号が送ってまいりました。 12月号の中心テーマーは「生きる」教育です。

 先般、原稿執筆依頼がありましたので寄稿した私の拙い文章が掲載されていますので、転載したいと思います。

   「命を見つめた教育」
 もう随分昔のことになりますが、大学病院に入院している子ども達のための病弱学級を訪問したことがありました。
その時、数人の児童に混じって頭髪が抜け落ち片足を切断された痛々しい姿の少女を見かけたのであります。重病なのに一途に学習している姿に胸を打たれました。
 担当の女先生の説明では、その子の病状は骨肉腫で、医師の診断では明日をも知れぬ命であるとのこと。「でも私たちはそれを知りながら、あの子にいのちがある限り、精一杯の気持ちを込めて一緒に勉強しているのです」「もし、あの子が良くなって退院する日が来るなら、こんなに嬉しいことはありません」。と言われた先生の言葉を忘れることは出来ません。まさに命を見つめた教育でした。
 作今、通常の学級において相変わらず不登校の子ども達が後を絶ちません。五体満足な子どもが登校を拒否しているのです。悲しいことです。いじめ・その他の要因が不登校を引き起こしているのでしょうが、この子たちには生きる力が不足しているのであります。何とかしなければなりません。
 もし、自分の学級内に不登校の子が存在したら、徹底的にその背景を探る必要があります。決して諦めないで精一杯の指導を続けなければなりません。その教師の熱意がその子や保護者に通じる時、不登校は解決に向かうことでしょう。
 子どもの数が少なくなって来ている今こそ、教師たちには未来に生きる子どもたちの命を見つめた教育が望まれているのです。
 人間、ひ弱なままでは生きては行けません。この子たちが不登校から抜け出し、逞しく生きていく力を身につけ始めた時、教師たちは、プロとしての自負と喜びを強く感じるのではないかと思います。

by bukkin | 2007-11-28 16:21 | 思考・愚考 | Comments(0)
映画 「ミッドナイト イーグル」を見て
b0032380_1943922.jpg 何となく暇なのでTOHO シネマで映画を見ました。「ミッドナイト・イーグル」であります。
 解説によれば『米空軍のステルス型戦略爆撃機…通称“ミッドナイトイーグル”が1億2700万人の日本国民の命を奪う特殊爆弾を積んだまま、極寒の北アルプスで姿を消した! 猛吹雪に覆われて陸の孤島と化した雪山で、極秘裏に繰り広げられる争奪戦。発覚すれば世界を揺るがすほどの危機となる。その真相を追いかけるうちに巻き込まれていく主人公たち。それぞれの過去と未来を抱え、動き出した運命の結末とは? そして、日本は…?』と言うことですが、そのとおりの内容でした。

 惚けかかった頭では、最初の出だしから???の連続でしたが物語が進展するうちに話が繫がり、何となく分ってきました。現実とは程遠い奇想天外のストーリーですが、ありもしないことを在ったように描くのが最近の映画の風潮とすれば腹も立ちません。むしろそのストーリーに共感を覚えました。

 年を取ったせいか涙が頬を伝うシーンが後半に多かったようです。涙腺が故障しているのかもしれません。本日は7回目ですので無料で入場することが出来たのであります。
 なんだか憑いているので宝くじを買おうか買うまいかまだ迷っています。
b0032380_2024216.gif

by bukkin | 2007-11-27 17:55 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)
年末ジャンボ宝くじ本日発売!
 一等と前後賞を合せると三億円が当たる夢の宝くじが、全国一斉に本日発売されました。

 これまで何回も買ったことがありますが、当たったためしがありません。でも買わなければ絶対に当たることはないのであります。
 せめて100万円ぐらいは当ててみたいのですが夢のまた夢に終わりました。

 数年前上京した折に上野動物園前で20枚購入し、家の財務大臣には密かに隠していましたが全くの空振り。隠していたのが悪かったのかと思い、その翌年には熊本市内で10枚購入し、「宝くじを買ったぞ!当たったら美味いものをくわせるぞ~」と言って自慢したのですがこれもまた空振り。

 美味いものなんかしみったれたことを言わずに「海外旅行に連れて行くぞ!」と言ったら当たったかもしれないなどと考えましたが、あほらしくなって、それ以来数年宝くじを買って見ようなど思ったこともありませんでした。

 しかしなんだか今度は当たりそうな気がするのであります。でも、最近金欠病に罹っていまして資金がありません。家の山ノ神に申し出れば一蹴されることは分っていますので小さな胸を痛めています。

 宝くじを買う資金があればオトト釣りに廻した方が良いような気がします。あかね市の鯛釣り大会に参加すれば、確実に養殖鯛が5匹は当たるのであります。
 
 宝くじは当てになりませんので12月1日のタイ釣り大会にKSN仲間6人で前夜から泊まり込みで参加することにいたしました。
 今年は申し込みそびれて諦めていたのですが、KSN歓迎会の折オリーブさんがそのことを耳にされて可哀想に思いタイ釣り参加券を手配してくれたのであります。宝くじの夢を見るより、確実な鯛の夢でも見ることにいたします。
b0032380_17201775.gif

by bukkin | 2007-11-26 17:20 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
三角港
b0032380_16431328.jpg 三連休の終わりの本日、次女が開業準備以来初めて家に居ますので、家政婦みたいなことをしているうちの山ノ神が解放されて家に居ました。

 久し振りにドライブしたいと言いますので紅葉でも見に行きたいのかと思いましたら何と!浜に行きたいと言うではありませんか!私が釣バカなら山の神は浜馬鹿であります。

 戸馳島に行って、ニシ(巻貝の一種)を採集しましたが、結構晩酌の焼酎の肴になる位の量を二人で拾うことが出来たのであります。

 帰りに三角町の物産館に立ち寄り、買物をして帰ってまいりました。三角港のピラミッドが懐かしく、携帯写真に撮りその場から送信いたしました。
b0032380_22441362.gif

by bukkin | 2007-11-25 16:43 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)
関アジ釣り
b0032380_16224114.jpg 関アジ釣りに行って参りました。3年振りと思いましたが、一年振りだと仲間から言われ、とうとう呆けてしまったのかと思いました。

 仲間は6人。私を誘ってくれた中さん。亡くなったY船長の親友Kさん。中さんの同僚橋さん。
百さん。百さんの同僚の若者。

 午前2時30分中さんのお迎えの車で大津までドライブ。途中でKさんを拾い大津で橋さんの車に乗り換え。百さんたちと合流して出発。大分港着5:30.

 車の中でコンビニから購入した弁当の朝食をとり、6:30出港。釣り場は馬場の瀬付近。釣り開始7:00。納竿14:20.風も無く、うねりも小さく、海は快晴。

 潮は大潮なのにまるで長潮みたいに動きませんでした。水深約55メートル。120号の錘を使ったのですが、一度もラインを送り出すことはありませんでした。ですから当然不漁であります。

 私の釣果は写真のとおりであります。
        本日の釣果(クリックすれば見えます)

 情け無いことに丸アジだけ真アジは零であります。恥ずかしながらアジ6匹、小アジ1匹、小サバ2匹、花鯛1匹。
 百さんの同僚の若者は、初めての関アジ釣りなのに花タイを8匹をものにしました。まさにビギナーズラックであります。
 百さんと中さんは5匹ぐらいの釣果。Kさんは私と同じくらいでしたが花タイは4匹釣り上げたようです。

 わざわざ関まで出かけてこの釣果であります。帰途中阿蘇と東バイパスでラッシュに遭い。帰宅したのは午後7時20分。ご苦労なことであります。

 でも、頭がすっきりいたしました。
b0032380_0183928.gif

by bukkin | 2007-11-24 12:22 | ブッキンのつぶやき | Comments(6)
明日は大潮
 明日は旧暦10月15日、大潮であります。3年?ぐらい前に行ったきりご無沙汰していた関アジ釣りに行くことになっています。大潮の時は潮の流れが速くとても釣り難いのですがそんなことは構っていられません。天気さえ良ければ良いのであります。明日の天気は上々との予報であります。

 今年の8月に亡くなった釣バカのY船長と関アジ釣りに何回となく通ったことを懐かしく思い出しています。

 最初は14年前でした。その頃はクーラー一杯(50~60匹)関アジが釣れたものですが次第に数が減り、悪い時は丸坊主。良い時でも十数匹どまり。芳しくない釣果でしたので暫らく中止していたのであります。

 中止している間にY船長は悪性腫瘍(癌)を患い、手術して元気になったと思ったら一年半後に再発し、とうとう亡くなってしまったのであります。明日同行する仲間はY船長の親友4人とその友だち2人の6名です。
 また少しばかり釣れ出したとの情報で出かけるのですが、あてにはなりません。

 明朝午前2時30分に、私の自宅に後輩の中さんが迎えに来ます。わくわくして今夜は眠れそうにありませんので焼酎を大目に飲んでオネンネすることにいたします。
 
 久し振りに関アジ・サバの刺身を腹いっぱい食べる夢でも見ることにいたしましょう。
b0032380_18201748.gif

by bukkin | 2007-11-23 18:24 | 釣りバカ控帳 | Comments(2)
真昼の酒
 表題に「真昼の酒」と書きましたが、真昼の焼酎でございます。
 今日は、交通センターホテルで「友愛のつどい」が開催されましたので参加してまいりました。

 昼食時にビールを飲んだ後、焼酎のロックを飲みましたが、それでは物足りずアルコール好きのNさんに誘われるままに真昼の二次会に行ってまいりました。
 そこで又また焼酎のお湯割を三杯飲んで先ほど帰ってまいりました。

 今帰宅してこれを書いています。幸いなことに財務大臣は家にはいません。孫の家の家政婦をしているのであります。もうすぐ「ご飯よ~」とお呼びがかかりますが夕食なんて食べなくても良いようになっています。でも、夕食を食べに行かないと真昼の酒がばれますのでお呼びがかかれば出かけることにいたします。

 隠れてお酒を飲むことも一苦労するのであります。
b0032380_1843296.gif

by bukkin | 2007-11-22 18:40 | ブッキンのつぶやき | Comments(2)
07.11.21竜田サロン
 午後から竜田サロンの勉強会に参加してまいりました。
 
 今回は便利なフリーソフトを使用して大事なデーターをバックアップする”知って得する勉強会”と言うことでしたので勇んで出かけました。

 自分で苦労して作り上げた WORDのデータ、EXCELのデータ、住所録、デジカメの写真、音楽データ、ビデオデータ等々を間違いなくバックアップする方法を、同期ソフトを使って練習いたしました。
 
 講師は橋本副サロン長さんで、フリーソフトのダウンロードやその使用方法に付いて丁寧な説明をしていただきましたが、なにしろ実力がないものですから、四苦八苦いたしました。

 何とか理解できましたが、帰宅して復習しようと思ってテキストを探しましたが見当たりません。置き忘れてきたのであります。情け無いことに、これではどうすることも出来ないのであります。
 ダウンロードに成功したフリーーソフト「SyncSync」がデスクトップにありますので、何とかしてみたいと思っていますが、自信がありません。
 出来ない時には諦めることにいたします。
b0032380_17331958.gif

by bukkin | 2007-11-21 17:21 | ブッキンのつぶやき | Comments(2)