<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
竜北・道の駅
b0032380_16421420.jpg
 今日の夕方、サーフの修理が完了するそうです。

 代車とお別れするために、竜北町の道の駅にドライブいたしました。家の財務大臣が色々な買物をするためでございます。

 私が一番嬉しかったのは、梨の買い物であります。試食の物を少し食べてみましたが、とても甘くて美味しかったのであります。

 夕方、サーフが帰ってまいりました。とても綺麗になっていますが、保険料が値上がりすると思えば泣きたくなります。
 相手が当たって来たのに如何して私も損害を負担しなければならないのでしょうか?
by bukkin | 2007-08-31 16:42 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
横島筏に挑戦
 阿蘇の仙人さんと二人でだいわ観光の横島筏に挑戦いたしました。

 楠森筏は満員なので、不本意ながら横島に回されたわけでございます。横島も10人の客で賑わっていましたが、場所が広いのでゆっくり釣ることができました。

 本日の釣果は ↓のとおりです。b0032380_12174259.jpg


 何回やっても写真がアップできません。パソコンが壊れたのでしょうか?

写真が掲載されるまで、釣果を書いておきます。
 真鯛700g一匹。 サンバソウ1。 小さなカワハギ4。 ブッキン2。 小アジ26。でした。

 横島筏には10人乗っていましたが、真鯛が釣れたのは私とあと一人の二名でした。阿蘇の仙人さんは真鯛はヒットしませんでした。残念であります。

 私の釣果の写真がだいわ観光のホームページに載っていますので、コピーして貼り付けます。⇒b0032380_1414915.jpg 

 8:30。潮の流れがよくなった時でした。強烈な当たりがあり、リールのドラグが逆回転したのであります。糸が出る中強烈な締め込みにたえていましたが、30メートル程糸が出たところで
ロープに引っかかってしまいました。

 仙人さんの仕掛けまで巻き込んだ大捕り物でしたがとうとうバラしてしまいました。

 次ぎは10時ごろ、これもまた強烈な引き込みに合いましたが、またもロープに引っかかり逃がしてしまいました。
 最初のは青物です。鰤かカンパチでしょう。二度目の引きは5kぐらいの真鯛に違いありません。これは経験から判断したものです。とにかく滅多に経験されない強烈なあたりでした。

 逃がしたのは残念ですが、良い経験をしました。筏では絶対に糸を出してはいけないのです。ロープに引っかかります。ドラグを絞めて糸が出ないようにしなければなりません。
 この経験を生かして次回は必ず大物を獲得いたします。

※ 月齢7月18日 中潮 本渡港満潮9:58 干潮16:12 
   宇土山本待ち合わせ3:30 乗船5:30 納竿14:30 帰宅15:20 
by bukkin | 2007-08-30 21:36 | 釣りバカ控帳 | Comments(6)
朝青龍帰国
 夏巡業を腰痛のためと言って休場届を出しながら、モンゴルに帰国し、とても腰痛とは思えない仮病ではないかと思われるような笑顔で、サッカーに興じる姿がテレビで放映されたために、相撲協会の怒りをかい、2場所出場停止や減給・謹慎の処分を受け、大横綱らしからぬストレスに起因する「解離性障害」と診断された朝青龍が、本日午後高砂親方同伴で帰国いたしました。

 処分後朝青龍は稽古もせず、一ヶ月近く部屋に閉じ篭っていました。不貞腐れているのか病気なのか全く不明だったのであります。

 痺れを切らした日本相撲協会は緊急理事会を開き、療養のための帰国を昨日承認いたしました。

 これまで、色々と報道されていましたが、まったく情けないことであります。久し振りにテレビで朝青龍の姿を見ましたが、伏目がちに歩いていました。しかし、あまりやつれた様子も無く、精神的な病であるとはとても思えませんでした。
b0032380_181418.gif
 「解離性障害」という診断ですが、どう考えても「不貞腐れ病」にしか見えません。

 帰国してどのような治療をするつもりでしょうか?帰国すれば直ちに気分が良くなり「解離性障害」は良くなることでしょう。でも相撲の稽古はどのようにするのでしょうか?モンゴル相撲で、鍛錬するつもりでしょうか?
 いずれにしても初場所までに土俵に上がらなければなりませんのでこれからが大変であります。身から出た錆は自ら磨き直さなければなりません。
 朝青龍が復活するか引退に追い込まれるかは朝青龍自身にかかっています。b0032380_1803816.gif

 こんなことを考えると魚が釣れなくなるようですのでここらで止めます。

 明日は、仙人さんと釣行です。今夜は夕食後早めにオネンネいたします。
by bukkin | 2007-08-29 18:01 | ブッキンのつぶやき | Comments(3)
思いがけない釣りの誘い
 本日DMで阿蘇の仙人さんから釣りの誘いがありました。

 26日の私のブログを見て、日にちが近いので如何に釣バカでも腰を上げないかもしれないと思われて遠慮勝ちのお誘いでした。予定さえ詰まってなければ、飛びつくのが釣バカなのであります。一も二も無く飛びつきました。

 30日(木曜)にだいわ観光の釣り筏に乗らないかというお誘いであります。楠森筏は満員のようで横島筏になるかもしれないがそれでも良いかということであります。良いに決まっています。
 楠森でも横島でも、仙人さんと一緒ならばどちらでも良いのであります。

 私がいつも釣行している釣バカN船長の船は、5人乗れば竿は一本しか使うことは出来ません。それに比べて筏は最低二本は使用可能です。

 b0032380_18324827.gifですから、アジゴが釣れるとそれを餌にしてヒラメが狙えるのであります。思っただけでもわくわく致します。

 仙人さんが、だいわ観光に予約を入れてくれました。午前3時30分に宇土山本に集合出発です。有難いことに仙人さんが車を出してくださるそうです。準備万端整えて出かけることに致します。
b0032380_18334850.gif

by bukkin | 2007-08-28 18:29 | 釣りバカ控帳 | Comments(0)
安倍改造内閣が発足しました
 今、NHKテレビで、安倍改造内閣の新閣僚が記者会見をしています。

 それぞれ所信が表明されていますが、”初心忘るべからず”どうか誠心誠意国民のために手腕を発揮してもらいたいと思います。

 安倍改造内閣が成功するか、短命に終わるのか、自民党政権の命運がかかっています。

 ☆ 話は変わりますが、熊日夕刊に、小学校長が酒気帯び運転で追突事故を起こして現行犯逮捕されたとの記事が載っていました。

 開いた口が塞がりません。何という愚かなことでしょう!どのような事情があれ、言語道断であります。
 おそらく懲戒免職の処分が下されるでしょう。

 当該小学校の児童や保護者、職員のことを思うと胸が痛みます。

 この校長は今年の四月、阿蘇市の古城小学校に新任校長として任命され、単身赴任をしていたということです。
 事故当時は宇城市の実家から通勤中であったと言います。「実家で夜11時ごろまで缶ビールや焼酎のウーロン茶割りなどを飲んだ」と供述しているそうですが、学校のことや家族のことをどのように考えているのでしょうか?管理職としてあるまじき行為であります。

     哀れというか、あまりにも愚かであります。 
b0032380_18203150.gif

by bukkin | 2007-08-27 17:55 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
 船上は焦熱地獄
 釣バカ仲間と倉岳沖に釣りに行きました。いつもお馴染のN船長の船でございます。
仲間は、N船長、坂さん、栗さん、宮さんそして私の五人でした。

 午前3:30集合出発。 現地着5:20。 釣り開始5:40. 納竿11:30.帰宅14:20。
月齢6月14日。 大潮。 本渡港満潮7:04。 干潮13:33。

 私の釣果 ↓の通りです。(クリックすれば大きくなりますが、携帯電話からの写真ですのであまり良く撮れていません)
b0032380_16321393.jpg

 真鯛650g、500g。 大アジ1。 中アジ2。 アジゴ66匹。でした。

 釣頭は坂さんで、真鯛1.5㎏位と2kg位の二匹。大アジ5匹。グチ1。ふぐ1。大キス1。アジゴは 私と変わらぬ位釣り上げました。
 船長は真鯛2匹。栗さんは真鯛1匹。大アジ3匹。宮さんが最低で、真鯛は釣れませんでした。

 天気が良いのも良し悪しでございます。船の上はまさに燃えるような炎熱状態で焦熱地獄と言ったほうが良いようなフライパンの上に居るみたいな気持ちでした。
 パラソルを広げてはいるのですが、風が吹けば涼しいけど、ベタ凪の無風状態で、熱中症になるのではないかと思いました。熱中症になれば大変ですので、350ミリ缶ビール二本と1リットルのお茶をちびちび飲みながら頑張りました。
 
 アジゴは入れ食い状態で釣れますし、小鯵と言ったほうが良いように大きくなっています。
 南蛮漬けにするには大きすぎますので、開いて塩をまぶして干せば一夜干しになります。
 また、三枚に下ろして握り寿司を造れば最高でございます。

 早く帰宅しましたので、財務大臣が調理する時間はたっぷりあるのであります。さて、どんな料理ができあがるか楽しみにしています。
b0032380_179610.gif

by bukkin | 2007-08-26 16:45 | 釣りバカ控帳 | Comments(4)
酷暑に耐えるタローです。
b0032380_155403.jpg ここ数日の間、タローの様子がおかしいので心配していました。

 食欲が無く、いつもは食事の度ごとに「オハヨウー・おはよう~」と言って催促していたのに、黙ったままでした。

 主食の向日葵の種と麻の実も殆んど手付かずで、じっとしていたのであります。

 タローの故郷は中南米の亜熱帯地方ということですので暑さには強いと思っていたのですが、「この鳥は蒸し暑いのが苦手ですから注意してください」と言う小鳥販売店の店主からの注意があったことを思い出し、あわててエアコンの効いた部屋に移しました。

 昭和50年(1975年)5月生まれで、今年で満32歳になります。これまで一年目に一度だけ風邪を引いて鼻提灯を出したことがありましたが、それ以外は病気一つしたことはありませんでした。

 部屋を移してから二日目に、夕食の時に久し振りに「おはよう~」と弱弱しい声を出した時は嬉しくて涙が出そうになりました。
 今日はとても元気です。まさか朝青龍の真似をして解離性障害の振りをしていたのではないだろうかと疑いたくなります。

 タローも元気になったし、代車はやってきたし、釣バカN船長からの誘いもあったので明日はオトト釣りに行きます。
 真鯛が釣れだしたと言うことで胸が高鳴っています。
b0032380_18242256.gif

by bukkin | 2007-08-25 15:05 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
代車が来ました
b0032380_16365823.jpg  事故のため愛車トヨタサーフが破損しましたので、修理に出していますが、10日間ぐらいで修理が完了する見込みでしたので代車は必要ないと思い要求はしていませんでした。

 ところが先日、内部に亀裂が見つかり部品交換の必要があるのでかなりの時間がかかるという連絡がありました。

 今月一杯かかるかもしれないとのことであります。そうなればお魚釣りに行けませんので、朝青龍ではありませんが、ストレスに起因する解離性障害になる恐れがあります。

 そこで代車をお願いすることにいたしました。本日午後代車が来ましたので早速お借りすることにいたしました。代車はトヨタ「CRLDINR」であります。
 
 今日~明日中に、釣バカN船長からの誘いがあると思いますので、そのときはこの車で集合場所まで行かなければなりません。
 慣れない車ですから試運転をしなければならないと思い、財務大臣を横に乗せて途中でガソリンを20リッターいれ、ダイヤモンドシティ・クレアに行って参りました。
 調子は上々であります。これで安心して釣りに行けるのであります。

 20リッターあれば、車の修理が完了するまでガソリンは大丈夫だと思います。燃料がなくなることはないと思います。
b0032380_17522619.gif

by bukkin | 2007-08-24 16:36 | ブッキンのつぶやき | Comments(12)
朝立ち
 夕立というのは誰でも知っている言葉ですが、「朝立ち」というのがあるのだろうかと思って広辞苑を繰って見ましたところ「朝方に降るにわか雨」と載っていました。

 早朝雷鳴がとどろき「朝立ち」が降りました。ほんのお湿り程度でしたが、猛暑が続く毎日なので、朝立ちが打ち水のようになり、効果は抜群で午前中は久し振りにしに凌ぎやすい時を過ごすことができました。

 しかし午後になって天気は晴れ。気温はぐんぐん上がり相変わらずの猛暑となってしまいました。車が修理中なので動くこともままならず、午後からクーラーを入れ、一日中テレビを見たりパソコンの前に座ったりしていました。

 久し振りに縦書きの練習をして見たいと思います。 花子さんの写真入の縦書きブログに刺激されたからであります。



  適当な写真がないので、幼い日のジローの画像を貼り付けてみます。これは縦書きの後に画像を中央にアップしてものです。

b0032380_15433720.gif






b0032380_15584483.gif


  これは、画像を中央に貼り付けた後、縦書き文書を書いたものです。




  最後に文字を太くして色をつけたものです。

b0032380_1693776.gif


   
  このように同じ縦書きでも三段に分けることが出来ることを初めて知りました。


by bukkin | 2007-08-23 15:38 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
奇跡の大逆転
 第89回全国高校野球選手権大会は佐賀県代表佐賀北高校が広島代表広陵高校を奇跡の大逆転劇を演じ見事優勝いたしました。

 前評判では、春の選抜で3度の栄冠に輝き、夏は二度決勝に進出したが優勝はならず、40年ぶりの決勝進出で、三度目の正直の頂点に立とうとしている広陵が日本一の称号を手にするのではないかと思われていました。

 しかし私は、佐賀北のこれまでの勝利の方程式を見て、ひょっとしたら佐賀北が優勝するのではないかと思っていました。
 佐賀北は、これまで甲子園で一勝もしたことが無いのでした。まず初戦突破が第一の目標であったのであります。それが一戦ごとに力をつけて急成長し、大化けしたのです。

 熊本代表の八代東工も、熊本大会で強豪を破り甲子園に出場いたしましたので、もし初戦突破が出来たら大化けするのではないかと思っていましたが、残念ながら初戦で敗退いたしました。

 ですから私は、佐賀北が八代東に見えて仕方がなかったのであります。

 試合展開はどう見ても広陵が実力は上でした。2点差で試合は進行している時に佐賀北が一点返すことが出来れば勝てる!と思って応援していましたところ7回表に広陵に2点を入れられ4対0になった時、これで敗戦は確定したと思いました。それまで佐賀北はヒットは僅かに一本だったからであります。
 ところが思わぬ出来事が待っていました。8回裏1アウト満塁から4ボウルで押し出しの一点が入り、その次に満塁ホームランの大逆転が演じられたのであります。
 一挙5点の獲得で、5対4の逆転となり、佐賀北の応援団はは狂喜乱舞いたしました。九回表遂に広陵は無得点。
     佐賀北に栄冠は輝いたのでございます。
b0032380_22254836.jpgb0032380_22271786.jpgb0032380_22282925.jpgb0032380_22312154.jpg


by bukkin | 2007-08-22 18:10 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)