<   2006年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧
予想に反して雨は降りません
 本日の天気予報は80%の雨。
 ところが午前中にパラパラしただけで殆んど雨は降りませんでした。b0032380_16434568.jpg
 
 梅雨前線が対馬海峡まで北上。南西の風で湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定で断続的に雨が降り、24時間雨量は多いところで100ミリ以上の予想でしたが、全く外れてしまいました。

 こんなに当たらないと魚釣りに行く計画が立たないとご主人がぼやいています。

 ぼやかなくても良いのにと僕は思っています。
 雨が降ってもお誘いがあれば合羽を着ていくに決まっています。
 雨なんかどうでも良いのです。問題は風でございます。

 今日も時々突風のような強い風が吹いていました。そんな風が日曜日に吹くと心配なのです。

 先ほど釣りバカN船長から電話があって、風さえ吹かなければ日曜日にヒラメ釣りに行くとのことであります。もちろんご主人は喜んで釣りの準備を始めました。

 奥様は近所に住んでいる娘さんと一緒に多良木に行きました。桃を買いに行くのだそうです。

 僕とタローとご主人は留守番でございます。ご主人が遊んでくれるなら文句はありませんが、僕とタローを縁側に閉じ込めて釣り道具ばかり点検している主人を見ると噛み付いてやりたくなりますが、そんなことをすれば酷い目に遭うのが分っていますから我慢しているのであります。

 間もなく奥様達が帰ってこられるでしょう。僕にも桃のお裾分けがあることを祈っています。
b0032380_16363384.jpg

by bukkin | 2006-06-30 15:37 | ジローのつぶやき | Comments(6)
 また釣りに行きたくなりました
 梅雨の晴れ間が二日も続くと釣りに行きたくなるのでございます。

 釣りバカと言うより殆んど病気なのです。海釣り依存症と言う注射も効かない飲み薬のない病気なのです。b0032380_16264490.gif

 先日の釣行で船長がヒラメを3匹釣り上げたお話をいたしましたが、その時は釣果報告を書くのが精一杯で、ヒラメの釣り方に付いては書く余裕がありませんでしたのでその方法に付いて書いて見たいと思います。

 我々釣りバカのヒラメの釣り方は、『食わせ釣り』と言う方法です。

 市販の「ヒラメサビキ」針11号ハリス8号を使います。40号の錘をつけて表層でイワシをサビキにかけてからそのまま底まで降ろしヒラメのあたりを待つのです。

 ヒラメが近ずくとイワシが暴れますので竿先がビクビク動きますがそこを辛抱強く待ちますと竿先が少し海面に入ります。そこで合わせは禁物です。
 ヒラメ40と言います。じっと我慢するのです。30~40秒ぐらい経った頃竿先がグーッと突っ込みます。そこで大きく合わせるのでございます。

 顎ばかり達者で申し訳ありませんが以上は釣りバカ船長様の教えでございます。
今度は必ず釣るぞと!いつも思うだけでまだ一度もキロ級のヒラメを釣ったことはありません。

 今度の日曜日にお招きがあれば、雨が降ろうと何があろうと必ず出かけ、絶対にヒラメを物にいたします。しかしまだ誘いがありません。明日は金曜日です。馬鹿船長が私のことを忘れたら困るのであります。
 此方からは電話はかけません。船長にも都合があるからでございます。ひたすら待つだけです。    そうです。   片思いと一緒です。

b0032380_16211550.gif

by bukkin | 2006-06-29 16:01 | 釣りバカ控帳 | Comments(8)
お互いに天敵と呼び合う仲
 会員番号が500番以下の方は良くご存知だと思いますが、KSNーMLがまだ発展途上にあったころMLで色んなメールが飛び交いました。

 過激なメールもありましたし論争が生じたこともございました。それが今では徐々に洗練され現在のようなMLになって来たのでございます。

 そのような中で淋しい事にKSN内でユニークなメールを出し続けていた仲間が次第にMLから遠ざかっていきました。b0032380_19421262.jpg

 私は釣りバカですから定期的に馬鹿メールを流していますが、天敵と名乗りあった竜之介さんが今年になって歓迎委員を辞退しMLに姿を見せなくなったのでございます。
 
 ところが久しぶりに6月26日昭和28年の6・26大水害の思い出を語ることでMLに登場したのであります。

 嬉しかったので以前のように直ぐ挑発的な馬鹿メールをMLに出したところ天敵としての返信がございました。

 嬉しかったので二人のやりとりをここに貼付したいと思います。

More 天敵竜之介殿・・・・・
by bukkin | 2006-06-28 18:30 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
 教育評論・7月号原稿
 熊本教育評論の会発行の『教育評論』通巻444号が発行されました。その中に私の原稿が掲載されていますので、ここにコピーして貼り付けます。

 今回は「評価」が主題でしたので、私にとっては苦手な問題でありましたから寄稿依頼があったとき辞退したのですが是非何か書いてもらいたいという編集者からのたっての願いがありましたので何とか書いてみましたが、やはり記述に苦労しました。

 本年度から導入された「教職員人事評価制度」のことは全く分らず、古い時代の教育論しか持ち合わせていませんので、どうしても評価の問題は時代遅れのピント外れにならざるを得ません。 b0032380_18115420.jpg

  ”公立小中学校はどうあるべきか”                       
 最近、子どもたちの学力の低下が問題になっていますが「ゆとり教育」や、「学校週五日制」の実施により授業時数が大幅に削減された結果生じているのではないかと憂慮されています。

 やや古い資料になりますが、文部科学省の調査(2002年度)によると、学習塾に通う小中学生の割合は小学校六年生で35.6%、中学三年は62.5%になっているそうです。その背景には公立学校教育への不満が内在しているように思えてなりません。
      
 学校ではひとり一人の子どもを見つめて鋭意努力していると思いますが、新しく導入された絶対評価は全体的に甘いのではないか、子どもの努力の過程は見えてもそれだけでは相対的な位置を掴むことが出来ないので、偏差値を駆使し、能力別クラス編成をする塾の方が解かり易く頼りになるという保護者の気持ちが今日の大手筋の学習塾の繁栄を招いているのだと思います。遠い昔に学校で実施されていた課外補習が今、盛んに塾で行なわれているのです。

 しかしある程度の経済力がある家庭の子どもしか塾には行けません。現在我が国では所得格差が拡大しているとのことですが、学力の分布を見ると、まるで双瘤駱駝の背中のように上位と下位集団に分かれ、学力の二極化も確実に進んでいるのであります。

 公立学校への不信感からか、大都市圏では私立学校志向が益々強くなっているようで、中学校在籍者に占める私立の割合は、東京都の一年生で9.5%。京都府は12%。有名私立中学校に合格するために小学生が学習塾で鎬を削っていると聞き及んでいます。

 このような現状をどのように考えたらよいのか、保護者の信頼に応えるためには本県の公立小中学校教育は如何あるべきか、学校評価を含めて真剣に考える時が来ています。
by bukkin | 2006-06-27 18:06 | 思考・愚考 | Comments(10)
 県内豪雨・観測史上最高
 熊日夕刊を見て驚きました!『県内豪雨 被害相次ぐ』と言う大見出しがあるではありませんか!

 b0032380_1816475.jpg 熊本地方気象台は県内全域に大雨洪水警報を出したほか、「宇城市や宇土市、上益城郡益城町などでは過去数年で最も土砂災害の危険性が高まっている」として厳重な警戒を呼びかけれいるそうであります。

 熊本市でも池上町の井芹川に近い池上保育園一帯は大人の胸近くまで浸水し、坪井6丁目では排水路が溢れ道路が冠水したそうであります。

 今日は、6月26日です。昭和28年6月26日熊本市の大水害を思い出しました。626水害としていつまでも記憶に残っています。

 あの時私は高校を卒業したばかりでした。出水3丁目の自宅は幸い床下浸水ですみましたが熊本市内は目を覆う惨状でした。
 市役所前や下通は完全に一階までは水没し、水の去った後は、1メートル以上の泥土に埋まっていました。熊本市の中心街の復興は泥の中から掘り出すような有様だったことを覚えています。

 昨日の釣行は全く幸運だったと思います。本日なら非難を浴びることになったと思います。

 今夜もまた激しい雨が予想されています。水害が拡大しないことを心から祈っています。
b0032380_2034236.gif

by bukkin | 2006-06-26 18:16 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
今日は、良い天気でした。
b0032380_17341620.jpg
大雨・洪水・雷注意報が出ているのに命知らずの釣りバカ4人で出かけました。

 馬鹿は死ななきゃ治らないのでございます。

 月齢28.9 大潮 本渡港満潮8:00 干潮14:34

 午前2:40起床 4:00集合出発 釣り場は鹿児島県獅子島幣串港内。

 釣り開始6:30 納竿14:00 帰宅16:40でした。

 雨は宮田港で出港するまで土砂降りでしたが、釣り場に着いた頃には小降りとなり釣り始めた時にはすっかり止んで10時ごろには太陽が顔を出すような絶好の釣り日和になりました。

 気象庁の予想は完全に外れ、私の感が当たったのでございます。           

More でも、大漁・・・
by bukkin | 2006-06-25 10:47 | 釣りバカ控帳 | Comments(6)
こんな真鯛が釣りたい!
b0032380_17332262.jpg  昨日、釣りバカN船長から日曜日に釣りに行かないかというお誘いがありました。

 梅雨のさなかではありますが、一も二もなく「行きます!行きます!」と返事をいたしました。
それを聞いた財務大臣が「雨が降ると分っているのに釣りに行く馬鹿もいるのですか!」と呆れ返りました。雨が降ろうと矢が降ろうと風が吹かない限り釣りに出るのが釣りバカの本領であります。

 熊日夕刊の「あすの天気」を見ると、天草地方は70%雨が降る予想であります。おまけに『あすは雷を伴った激しい雨に注意。』とまで書いてあるではありませんか!

 でも最近の予報はあまり当たりません。今日も激しい雨が予想されましたが曇り空の釣り日和でした。あすの天気も今日と同じような気がするのでございます。b0032380_17581333.jpg

 財務大臣の機嫌をとる必要がありますので、運転手を務め久しぶりにダイヤモンドシティクレアに参りました。土曜日でありますのでかなりの人出がございました。
 
 財務大臣が買物をする間クレアの中を散歩しましたが、私がこのような場所で興味があるのは何と言っても鮮魚コーナーが一番でございます。
 
 約3kg位の綺麗な真鯛が並べてありました。この真鯛を見た途端、明日は絶対真鯛を釣り上げるぞ!と心にきめました。

 大漁を夢見て今夜は早めにオネンネいたします。明日は3時起床、4時出発です。
b0032380_1831134.gif

by bukkin | 2006-06-24 16:23 | 釣りバカ控帳 | Comments(6)
W杯・日本敗退!
b0032380_18123825.jpg 特別サッカーが大好きでもないのに、このところ俄かサッカーフアンになりまして、W杯をテレビ観戦するために目覚ましをかけ午前3時30分に飛び起きました。

 早起きは魚釣りに行く時に何時もしていますので苦になりません。

 財務大臣はそんなことをしたことが無いので最初は寝むそうにしていましたが、私以上のサッカー狂ですので後からは目をランランと輝かしていました。
 
 強豪ブラジルに勝つなんて至難の技だと思っていましたが、日本が前半34分に先制ゴールをきめた時に、奇跡が起こりはしないかと一瞬思いましたが一分ぐらいのロスタイムにあっという間に取り返され、後半に3点も奪われて逆転負け、力の差をまざまざと見せ付けられました。

 これで日本の一次リーグ敗退が決定し、決勝トーナメント進出はならなくなったのであります。

 死んだ子の年を数えるようですが、初戦のオーストラリア戦で、最後の8分間に3失点という衝撃的な逆転負けが無かったならばと思うと残念でなりません。

 でも、世界の強豪の中で日本チームは良く頑張ったと思います。
今日まで、多くの感動を与えてくれた日本チームに心から拍手を送りたいと思います。

 昼寝をいたしましたので、今になって目が冴えて参りました。今夜もまたなかなか寝付けないことでしょう。財務大臣が寝込んでから、こっそり焼酎でも飲んでオネンネいたします。
b0032380_23163255.gif


 
by bukkin | 2006-06-23 23:09 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
 むらさきさんの水墨画
 むらさきさんのブログ『むらさき水墨散歩』(JUGEM)を訪問いたしましたところ素敵な画像に出会いました。b0032380_22263213.jpg
 
 ブッキンが何匹も泳いでいました。


眺めているうちにどうしても欲しくなったのでございます。

 b0032380_172553.jpg 

それで、江津サロンでむらさきさんにお会いした折にお願いしてブッキンを二匹頂くことにいたしました。
 
 むらさきさんが快く承諾してくれましたので、切り取ったブッキンを時々イラスト画像などに使いたいと思います。
  むらさきさん有り難うございます。
 b0032380_1731690.jpg
 これで頂いた画像は三匹になります。またブッキンを書かれたら私にも下さい。ブッキンなら何匹も欲しいのであります。

 貪欲なブッキンでございます。決して中毒いたしませんのでご安心下さい。
 
b0032380_17143853.jpg
 
      以前頂いたブッキンは元気で活躍しています。b0032380_17221096.gif
by bukkin | 2006-06-22 16:58 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
此処は、杖立温泉
b0032380_13432998.jpg
 セルモ主催・『杖立温泉ランチバイキングの旅』に参加してまいりました。

 日帰り旅行で9:00本部出発~大観峰経由~杖立到着11:30~ホテル「ひぜんや」にてランチバイキング&温泉三昧。14:30杖立温泉発~キムチの里~本部帰着16:50。以上の日程で、参加者はバス2台で50数名でした。

 もちろん家の財務大臣も一緒でございます。家計執行権者がいないとビールも飲めませんし酒の肴のお土産も購入することが出来ないのでございます。

 バイキングは山ほど御馳走がありましたが、財務大臣の前では肉類ばかり沢山食べるわけにも参りませんので野菜中心のものを選びました。
 何を食ったらよいのか迷いますので私はバイキングはあまり好きではありません。でも、特別注文してもらって生ビールを中ジョッキで1杯飲めましたので、文句は言わずにニコニコしながら頂きました。
b0032380_18185810.jpg
 ホテルの温泉は、かけ流しの湯で大浴場も露天風呂もすばらしいものでした。やはり本場の温泉は一味違った趣があります。

 帰り道、「キムチの里」にバスが立ち寄りました。そこで参加者はそれぞれ家族や知人にお土産を買っていました。私も晩酌の肴になるものを少しばかり買ってもらいました。

 留守番のタローとジローにはお土産はありません・・・・・ですから気が引けるのでございます。
 帰宅するとタローが「オカエリ~」と叫びました。ジローは喜んでぐるぐる廻ってオシッコをぶり撒きました。何となく胸が締め付けられる思いでした。

 
by bukkin | 2006-06-21 13:43 | ブッキンのつぶやき | Comments(7)