<   2005年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧
 何かしら・・・おかしい?
 昨日衆院選挙が公示されましたが、8月8日の解散以後盛んに言われてきたことが変化してきたように感じます。

 人間様の言葉が話せない僕の空耳でしょうか?b0032380_10265595.gif

 郵政民営化は改革の本丸である!という主張が、この改革が出来ずに行政改革なんて出来るはずがないということになり、何だか郵政民営化は改革の入り口みたいに聞こえるようになりました。

 本丸とは、城の中心部にあって、天守を築いた最も主要な郭のことであります。ですから郵政民営化は、改革の中心部であるということだと思います。入り口ではないのでございます。

 また、今朝の熊日新聞の第一面の見出しを見ると、「郵政の自・公 VS 年金の民主」と書いてあります。

 国民の関心は郵政より年金にあることは明らかです。これでは「年金の民主」が「郵政の自・公」より優位に立つことになります。

 年金改正関連法は昨年多くの議論の末、三党合意の下に成立いたしました。しかし、未だ多くの問題点が存在するので、与野党を超えて、今秋までにどのようにしたら良いか十分に協議しようと言う衆参両院合同会議が始まっているのです。

 今回の解散総選挙でこれは中断していますが、「郵政の自・公」は郵政にばかり熱心で、年金問題に関心はなく、「年金の民主」が年金に力を注いでいるような印象を国民に与えることは如何なものかと思います。

 年金問題は、政権が変わるごとに大きく変化するようなことではいけないと考えます。

 年金は、国家国民の百年の大計でなければなりません。
 
 選挙の争点になること自体おかしいと思います。

 僕等お犬様には年金は関係ありませんが、ご主人様のお子様やお孫様たちの事を考えると、国会議員の皆様は、選挙中だけでなく、しっかりした年金制度を普段の政治活動の中で構築してもらいたいと思います。

 何だか、最近分らなくなりましたが、政権交代是か非かの戦いであることは間違いありません。

 小泉自公政権継続か、民主党中心の新政権を望むのか、日本の人間世界で決定する選挙戦なのです。

 立派な政権を選択してもらわないと、年金生活者の扶養家族である僕の生活に大きく響くのでございます。
by bukkin | 2005-08-31 10:26 | ジローのつぶやき | Comments(2)
 総選挙公示!
 本日30日、第44回衆院選が公示されました。

 投票日の9月11日に向けて本格的な選挙戦が始まったのでございます。

 自民・公明連立か、民主中心の政権かを問う選挙であります。郵政民営化の是非を問う選挙であると小泉首相は言っていますが、小泉改革に対する評価が最大の焦点になると思います。

 郵政民営化は改革の本丸であると言う小泉政権の真価が問われるのでございます。

 昨日、公示に先立って各党首討論がありましたが、私の感じでは、自民党と公明党の主張が民主党をはじめとする野党各党の主張よりも多くの国民を納得させる事が多かったように思います。
b0032380_2136874.gif


 今日から12日間、どのような動きが起こるのか全く予想できません。

 細心の注意を払って見守って行きたいと思います。
by bukkin | 2005-08-30 21:35 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)
 糖尿病歴二十年
 熊本教育評論の会発行の月刊誌「教育評論」9月号(通巻434号)に掲載された私の投稿をこのブログに記録するためコピー&ペーストいたします。
 (字数に制限がありますので、言葉足らずの文章になっています。)

 不健康其のものの私に「健康」についての原稿依頼があったとき思わず耳を疑いました。咄嗟にお断りしようかと思いましたが、糖尿病と診断されてから二十年もの歳月が流れたことを書き留めるのも何かお役に立つのではないかと思いこの稿を起こしています。
 丁度二十年前、校医の先生から糖尿病であると診断されショックを受けました。それから厳しいカロリー制限のある食事療法に取り組みました。これでは栄養失調になりはしないかと思う位、頑張りましたので、約三か月間に体重が七キロ減少しましたが、或る時突然眩暈を感じ、こんな事では定年まで持たないのではないかと痛切に感じました。根が食い物に卑しい根性ですから、それを気に何やかやと理屈をつけて開き直り程々に飲食を始めました。ところが血糖値が下がらなくなり、終には糖尿病性網膜症を引き起こし、とうとう左眼をレザー治療する羽目になってしまいました。この時点で未練がましく吸い続けていた煙草を必死の思いで止めました。
 糖尿病の予防は「食育」が基本です。これを身に付ければ殆んど糖尿病とは無縁になります。初期糖尿病は始末の悪いことに全く自覚症状はありません。食事療法と運動療法で自己コントロールすれば悪化を防ぐ事ができますがこれがなかなか困難であります。
 進行すれば当然薬物療法に移行することになります。しかし之も厳しく自己管理しなければ、矢張り効果は期待できません。
 決め手は、インスリンでした。小児糖尿病の患者は、生きるために毎日、食前に血糖値を測り、医師の指示に従って自分でインスリンを注射しながら、元気で生活しているのです。この事を主治医の先生から拝聴し、八年前からインスリン療法に踏み切りました。私が現在元気でいるのはインスリンのお陰なのです。
by bukkin | 2005-08-29 23:09 | 思考・愚考 | Comments(0)
 懐かしい仲間
 本日15:00より懐かしい仲間との会合があり、その後お決まりの懇親会がありました。

 宴会は、15:10から19:00までの2時間でしたが、久しぶりの仲間とそして後輩との話しに心ときめくひと時を過ごすことが出来ました。

 自宅に帰ってきて「義経」をみて、眠くなりましたので、オネンネ致します。

 こうなれば、政治もお魚も全く関係ありません。

  おやすみなさい。  これが健康の秘訣でございます。b0032380_21162458.gif
by bukkin | 2005-08-28 21:16 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)
 どんどん釣れなくなって・・・情け無い・・・
 柳の下に何とやらと言いますが、釣りも全く同じでございます。
先日釣れたからと言って、同じ場所でも今度もまた釣れるとはいかないのです。

 釣りバカ Y船長と今日もまた釣りに出かけました。現役のT氏、同じく現役の女性Kさんと4人でした。Y船長は、私の自宅まで迎えに来てくれますので大変助かります。
Y船長も現役ですから、定年退職のさくらカードのおじいちゃんは私だけでございます。

 月齢22.0 小潮  本渡港満潮0:35  干潮7:30
 3:00出発  5:30釣り開始  13:00納竿  帰宅16:00

    釣果は↓のとおりでございます。
b0032380_17131832.jpg

 バリ600g2匹 300g1匹  イサキ200g 小鯛(手のひらサイズ) エソ700g
 サヨリ5匹  以上でございます。

 イサキを釣ったのは、初めてのことです。

 真鯛は姿も見せませんでした。多くの船が来ていましたが、どの船も不漁のようでした。

 ビギナーズラックとよく言いますが、女性のKさんが、バリを8匹釣り上げたのには驚きました。我々男子組は竿を2本使っているのに対して、竿1本のKさんが一番多く釣ったのには訳があります。一本ですから、置き竿にしないで手に持って何時も動かしているからです。

 分っているのですが、やはり欲が深いというか愚かというか、どうしても2本使ってみたいのでございます。釣りバカ船長は常に3本の竿を使います。船長は、バリ2匹のみ、意地を張って真鯛だけを狙い、サヨリを釣らなかったので、たったの2匹でございます。

 今日の潮はあまり良くありませんでした。魚の食いも渋かったようです。Tさんが約2キロぐらいのヒラメを船べりまで釣り上げ、タモで掬う時にヒラメが暴れたため取り逃がしたのは返す返すも残念でした。

 となりの船で約3kg位のココ鯛が釣れたのには吃驚致しました、。
b0032380_17343523.gif

by bukkin | 2005-08-27 17:13 | 釣りバカ控帳 | Comments(0)
 国民年金をめぐる与野党対立
 昨日、社会保障制度改革の衆参両院合同会議が始まっているが、総選挙のために中断している、選挙結果次第でどうなるか分らないと書きましたが、4月22日の会議では、与野党の意見が対立したままで終っています。

 未納率の高まりや雇用形態の変化を背景に、「国民年金は壊れている」とする民主党の意見に、共産党・社民党が同調する一方で、自民・公明両党は「昨年の年金改革法で将来にわたる給付と負担のバランスを整えており、決して壊れていない」と反論し、野党の意見は国民の不安をあおるものだとして、野党の主張に反発しています。

 今秋までに結論を出す方向で合同会議が始まったのですが、このように、衆院解散以前でも与野党は対立したままでした。

 総選挙終了後どちらが政権を取ったにしても、この問題は簡単に片付くことはないと思います。

 年金問題はこれまで5年に一度見直されてきましたが、昨年大議論のうえ、大幅に改訂したばかりです。政府与党が政権継続の場合は、議論はされても若干の修正だけで終るでしょう。

 野党が政権を取っても一挙に昨年成立した年金関連法が大改定されることは不可能に近いと思います。

 小泉首相は、郵政改革すら出来ないで他の改革が進むはずはないと叫んでいます。

 岡田民主党は、郵政よりも年金などの重大なものがある、そちらが先だ!と叫んでいます。

いずれにしても、政権をどちらが取るかにかかっています。

 政権交代か、反対派を除いた新生自民党と公明党の連立政権を望むのか。国民が審判しなければなりません。

 選挙にも行かないで、政治を批判することは出来ないと思います。必ず投票し、主権を行使することが、私たち国民の義務だと考えます。
b0032380_1210196.gif

by bukkin | 2005-08-26 12:10 | 年金のあれこれ | Comments(0)
 社会保障制度改革の両院合同会議
 衆院解散・総選挙のニュースをマスコミは連日大きく報じています。

 郵政民営化の是非を問う解散総選挙であると小泉首相は断言していますが、反対派や野党はこれに真っ向から反対しています。
 郵政ばかりではない、もっと大事なものがあるはずだ!と言っているのです。

 今、衆院解散中のため多くの積み残された問題が山積しています。
 
 選挙の結果、新しい動きが始まるでしょうが、国民の多くが関心を持っている年金問題は一体どうなるのでしょうか?

 標記の、年金をはじめとした社会保障制度改革の両院合同会議は、4月14日から実質的な議論を開始いたしましたが、これもまた中断しております。

 選挙の結果、政権に就くのはどの党が中心になるか予断を許しませんが、各党の基本的な考え方を整理してみたいと思います。

 自民・公明両党は、昨年の年金改正の意義を強調し、社会保険方式の堅持を主張しているのに対して、民主党は、国民年金を含めた年金一元化と年金目的消費税を財源とした最低保障年金の創設を主張しています。

 共産党・社民党も最低保障年金の創設を求めていますが、消費税の引き上げには慎重な立場を取っています。

 「社会保険方式は自助自立を基本としたもので、今後もこれを維持しなければならない。民主党の言うように基礎年金を租税方式とすることは、第2の生活保護のようになる」というのが政府与党の立場です。

 また、年金一元化については、厚生年金と共済年金の一元化を先行させ、被用者年金と国民年金の一元化には、無理があるとの立場を政府与党は取っています。

 これに対して民主党は、国民年金を含めた年金一元化、年金目的消費税等を財源とした最低保障年金、拠出に応じた給付を約束する所得比例年金、保険料の上限は15%、納税者番号の導入などを提示しています。

 しかし、最低保障年金の約7万円を給付するには約16兆円、消費税で換算すると約6.6%が必要になると言われています。

 両院合同会議は今秋までに議論をまとめることになっていますが、この調子だと、どうなることか全く先が見えません。

 兎に角、どのような政権が誕生するかにかかっています。良く考えて投票しなければなりません。
b0032380_1852583.gif

 
by bukkin | 2005-08-25 18:25 | 年金のあれこれ | Comments(0)
僕は、疲れてしまいました。
 ご主人は、昨日の釣りとその夕からの懇親会ですっかり疲れてしまって、僕なんか眼中に無い様でございます。b0032380_17392596.gif昨夜遅く帰ってきてじゃれ付く僕には見向きもせずに寝てしまいました。

 今朝も遅くまで寝ていて、9時ごろごそごそ起きてきて、新聞を読んで、朝食を食べてまた新聞を見て、うつらうつらと居眠りしていました。

 郵政民営化関連法案に反対した前自民党衆院議員らが結成した新党日本は国会議員の人数が不足し、政党ではなく政治団体として発足したのですが、同じく反対派がつくった国民新党のメンバーの長谷川憲正参院議員が急遽鞍替え入党したため政党としての要件を満たしたとのことです。

 これにより、衆院選に於いて、比例代表との重複立候補や、政見放送などの運動が出来るようになったのでございます。

 プロ野球の選手トレードなら聞いたことはありますが、結成されたばかりの政党間のトレードなんて聞いたことがありません。

 結党の精神・理念は一体どうなっているのでしょうか?

 総選挙のための、理念なき数合わせと批判されてるのは必死でございます。

 人間社会は、いやご主人も人間ですから政治の世界と言い換えますが、不思議なものでございます。

 我々お犬さまには、考えられもしないことが起こります。

 こんな重大な問題が起こっているのにご主人は、昼寝をしているのでございます。

 馬鹿らしいので僕もオネンネ致します。僕もすっかり疲れてしまいました。
b0032380_182175.gif

by bukkin | 2005-08-24 17:39 | ジローのつぶやき | Comments(0)
 真鯛はもう釣れなくなりました
 政治の話ばかりして、頭がおかしくなりましたので、気晴らしに、釣りバカ N船長の誘いにのって、又また釣りに出かけました。

 場所は、何時ものとおり昨年逃げた鯛が回遊して来た天草倉岳沖でございます。
場所次第で釣れたり釣れなかったり致します。
 
 月齢18.0 中潮 本渡港満潮11.07 干潮5:07
 午前3時集合出発  釣り開始5:30  納竿12:00  帰宅15:00

 釣果は↓の写真のとおりでございます。
b0032380_15215167.jpg

真鯛1.8kg  バリ400~500g5匹 300~400g3匹  ウマヅラ700g
アジ子6  サバ子6  以上でした。

 もう真鯛は居なくなったようです。 変わりに夏の魚バリの登場でございます。

本日はこれから懇親会に参加しなければなりません。

 18:30より新町『胡丁』で昔の仲間10名と再会し、懐かしい思い出話に花を咲かせることになりますが、勿論、最近の釣果に付いての自慢話もしたいと思っています。

 ですから今日は、釣り上げた魚の刺身は食べられません。

 財務大臣をはじめとした、近所に住む娘一家の腹に入ってしまうでしょう。
by bukkin | 2005-08-23 15:28 | 釣りバカ控帳 | Comments(2)
 新党「日本」が結成されました
 党首は、田中康夫長野県知事。郵政民営化関連法案に反対した小林興起前衆院議員、滝実前衆院議員、青山丘前衆院議員、荒井広幸参院議員の合計5名とのこと。

 政党としての要件は、国会議員(解散時は前議員でも可能)5名以上が必要なので、まだ政党としての要件を満たしていません。ですからただの政治団体なのだそうであります。

 結党宣言は、『失敗を恐れていたら、新しい提案など生み出せはしない。古い観念に捕らわれていたら、新しい「日本」など創り出せはしない。他には出来ないことを本気でやる。どんどんやる。合い言葉は、信じられる日本へ。常識をひっくり返すことにこそ、夢がある。みんなの「日本」が動き出す!さあ、信じられる日本へ。』だそうです。

 よく読んでみると、これ小泉首相の言葉に聞こえるのでございます。私の耳がおかしいのでしょうか?

 「日本の在り方、霞ヶ関を変える」と息巻いていますが、所詮選挙対策の俄か作り政党ではないでしょうか。

 田中氏の売名行為と小林氏の窮余の策が一致したとしか思われません。自民党票は小池環境大臣に大きく流れるでしょう。小林氏は泣きっ面に蜂のような目に会わなければいいのですが・・・・・小林氏の親分の亀井氏は一体何と思っているのでしょうか?なぜ小林氏は国民新党に参加しないのでしょう?

 田中氏は、民主党シンパ。小林氏は自民党に造反したが非公認となるまで自民党を愛した男。一体何が二人を結びつけたのでしょうか?

ますます訳が分らなくなりました。

b0032380_12251692.gif

by bukkin | 2005-08-22 12:17 | ブッキンのつぶやき | Comments(2)