<   2005年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧
家鴨の日向ボッコ
b0032380_11244616.jpg
 上江津湖畔の道路で日向ぼっこをしているアヒルを見かけました。
 
 寒い中、わずかな日差しにアスファルト道路が温もっているのでしょうか。
気持ちよさそうにしていました。

 今年一番の寒波がやって来るそうです。
 今夜から明日にかけて日本列島はシベリヤ地方から張り出した寒気にすっぽりと覆われる模様です。

 北海道から北陸、日本海沿岸地方は大雪が予想され、九州でも積雪はまぬかれぬとのことです。
 
 天気予報が当たれば、明朝熊本市も銀世界になることでしょう。

 この寒いのに海釣りに行く馬鹿はいないと思うのが普通ですが、そんな馬鹿がいるのでございます。

 え~っ?   誰だとお尋ねですか??

 私たち釣りバカでございます。

 明朝4:30出発の予定です。まさか国道3号線や57号線が通行止めになることは無いでしょうし、天草の海沿いの道路も積雪で通れないことは無いと思います。

 あした  天気に  な~れ!
b0032380_178155.gif

by bukkin | 2005-01-31 11:24 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)
年金改革の話 15
 あまり面白くも無い話を続けていますが、途中でやめるわけには参りません。
行き着くところまで話を進めます。

 KSN-MLにカキコするのでなくマイ・ブログですから文句を言うお方も居ません。
年金改革に興味の無いお方はお読みにならなくても一向にかまわないのでございます。

 b0032380_1304334.gif平成15年の出生率は、予想の1.32を下回り、1.29となりました。政府の年金改革法案審議の最中には1.39で設計されていました。

 改正の前提を下回ったのでございます。

このことで、年金の設計に大幅な変更見直しが必要ではないかという意見が出てまいりました。
 これに対して政府は、出生数の減少には一時的要因が大きく影響しているという説明をしています。

 平成12(2000)には、「ミレニアム婚」として79.8万件の婚姻があり、平成13(2001)には、「21世紀婚」として80.0万件の婚姻があったため、平成14年の婚姻数が75.7万件に減少したとのことで、このため、出生数が平成14年には115.4万人あったのに対して翌平成15年には112.4万人に減少したのだそうです。

 このことが大きな原因であり、出生率1.29という数字は一時的なものと考えられるということであります。

 とは申せ、中長期的には、晩婚化、晩産化が進行していることは明らかです。
しかし、今回のような婚姻数の一時的な減少が影響している出生率の低下は、長期的に見た将来の出生率1.39という数字を見直す必要があるほどの構造的変化とは考えられませんと厚労省は述べています。

 平成15年において35~39歳の世代の女性が、実際に今まで生んだ子供の数の平均は、1.55人だそうです。
 
 世代を追うごとに 晩婚化、晩産化が進行する傾向を将来に伸ばして、平成12年時点で15歳以下の世代がこれから生涯にわたって生む子供の数の平均が、1.39人にまで低下すると見込んでいるのだと言うことであります。

 しかし、やはり現在の少子化は、年金制度のみならず、日本の将来にとって大変なことであります。
 今直ちに、今後の年金制度を確固たるものにしていくためにも、次世代育成支援策、経済の活性化に力を注いでいくことが何よりも重要なのでございます。

 平成15年度の実質GDPが年率3.2%増となっているそうですが、我が国の経済には回復の兆しが見えています。

 なお一層、次世代育成政策、経済対策の充実に力を入れていくと政府は述べています。

 長くなりました。今回はここまでに致します。
b0032380_1311416.gif

 
by bukkin | 2005-01-30 18:00 | 年金制度改革の話 | Comments(0)
かっての同僚が逝きました。
 
 先刻、現役時代に同じ職場で苦楽を共にした同僚の訃報が入りました。

 私より4歳も年下で、余りにも早い逝去に驚いています。

 「肝臓癌で手術が出来ないそうで、今抗がん剤での治療をしています。今のところ順調で普通の生活が出来ています。」と本人から聞いたのは、一昨年の秋だったと記憶しています。

今年の年賀状で無事を確かめたばかりなのに・・・・・
 人の命ははかないものでございます。b0032380_14591057.jpg

色は匂へど 散りぬるを  (諸行無常)
我が世誰そ 常ならむ   (是正滅法)
有為の奥山 今日越えて  (生滅滅己)
浅き夢見じ 酔ひもせず  (寂滅為楽)

 平安時代(10世紀後半)に流行したと伝えられている「いろは歌」を思い出しました。
 
 



本日午後6時より通夜、明日午後2時より告別式(葬儀)、お別れに行きます。 合掌
 
by bukkin | 2005-01-29 14:29 | ブッキンのつぶやき | Comments(0)
船釣り秘伝の仕掛け
 b0032380_17442979.gif今か今かと待ってるのですが、電話がありません。
今度の日曜日はオトト釣りは中止のような気がしてなりません。

 退屈していますので暇に任せて、カキコしたいと思います。
ほぼ15年間上天草の海で船釣りを楽しんでいますが、その間に体得した釣法と仕掛けに付いて、ほんの少しばかりご披露いたします。

対象魚によって仕掛けは変わりますが、何でも釣れる一般的なものを紹介いたします。

水深、約30メートル~45メートル、養殖筏付近の係り釣りの場合。
 主に釣れる対象魚は真鯛、鯵、バリ、グチ、ヒラメ、ガラカブ、カワハギです。

 竿に重大な秘訣があります。
 
 20号から30号位の船竿が一般的ですが、それは使用しません。
長さ3.5m~5.3mの物で先調子(1~2号)の磯竿が良く、硬い竿は食い込みが悪く駄目です。
 
 私は改良竿を使用しています。
長さは5m穂先は、だごチヌ竿の穂先を取り付けています。b0032380_17431820.gif

 ①底網籠使用
 ②底錘30号~40号
 ③手つくりさびき11号~12号、7本針、ハリス4~5号

 餌は、網籠に赤アミを詰め、さびき針にオキアミ生を一つ一つ刺して落とします。

 仕掛けが底に着いたら、大きく引き上げ、2~3回しゃくりを入れて撒き餌をばら撒き、静かに底に落とします。 
 これを2~3回繰り返すと魚が居る時は、この時いきなり食いつきますが、あたりが無い時は竿を竿受けに固定して、錘は底に着いたままの状態で竿先が少し曲がる程度で置き竿にし当たりを待ちます。
 
 竿先が軟いので、魚が食いつくと竿先がグーッと水中に突っ込みます。
そこで大きく合わせると、ガッチリかかります。

 鯵の場合は、引きで分りますので大きく合わせる必要はありません。向こう合わせの感じで十分です。カワハギは釣ろうと思ってもなかなか釣れませんが時々まぐれで掛かります。

 長い竿は、2~3kgの真鯛の強引な引きに十分耐え、決して折れる事はありません。短い竿だとリールのドラグで調整しないとばらします。そこに長竿の秘訣があるのです。

 私たち釣りバカがこだわるのは、この長竿の釣法でございます。

 海釣りのお好きな方は、試してみてください。大漁間違いなしと言いたいところですが、魚が居なければ決して釣れませんので念のため申し添えます。
 
b0032380_17452614.gif

by bukkin | 2005-01-28 17:26 | 釣りバカ控帳 | Comments(0)
おかしい??オトト釣りの誘いがないのです。
 b0032380_2054336.gif何時もなら釣りバカ A船長から「今度の日曜日に釣りに行くバイ。どうする?」という電話があるはずなのにまだありません。

 B船長には、A船長と釣行する予定で、「今度の日曜日には行けない」と言っていますので誘いが無いのは当たり前ですが、A船長からは当然誘いがあるものと思っていました。

 あ~ぁ、明日まで電話が無かったら諦めなければなりません。

 いつも船長の都合に合わせていますので、此方から連れてってくれとは決して言わないのがブッキンの信条なのでございます。

 30日の日曜日には麻雀小会が予定されていますので、誘いが無ければそちらに行きますのでオトト釣りは無くてもかまわないのですが、天敵殿が喜ぶ姿を思うと余り喜べないのでございます。

 えー?!なぜだとお尋ねですか?  天敵だからです。 私を苛めるのです。
b0032380_20562333.gif

by bukkin | 2005-01-27 21:01 | 釣りバカ控帳 | Comments(2)
年金改革の話 14
 年金改革の話を何とか続けてみたいと思いますが、心境の変化や、オトト釣りの約束や色々とございましてなかなか進まないのでございます。
 それに、年金不安に対する弁解ばかりしているようで気が重いのです。
でもこれは、私の意見ではありません。厚生労働省の見解なのでございます。 
b0032380_10422491.gif
今回の改正では、合計特殊出生率(女性が一生涯に生む子どもの数)が2025年に1.39ということを前提としてなされたそうです。

 現在の合計特殊出生率を考えると、こうした推計は甘すぎるとの声があります。

 こんなに楽観的な人口・経済前提をもとに計算したのでは年金の給付水準は50%を下回ることが容易に見込まれる。そのときには、保険料の更なる引き上げ又は給付の更なる引き下げが必要となるのではないかという意見です。

 人口を維持していくためには、2.1程度の合計特殊出生率が必要であるので、それが1.39となると、親の世代に比べて子の世代は2/3となり、孫の世代はさらに2/3、すなわち半分以下となることを意味します。

 1.39という数字自体が大変厳しい見通しであり、また、このように「孫の世代に人口が半分以下になる」ということ自体、避けなければならない厳しい状況です。

 「見通しが甘い」と批判だけするのでなく、こうした厳しい事態にならないよう、与野党の壁を越えて、経済の回復、安定的成長に尽力するとともに、次世代育成支援に力を注ぎ、それにより年金制度の長期的な安定を確保することが、国の将来を考える政治の責務だと考えています」と、政府当局は述べています。
 
 本日はこのくらいに致します。
b0032380_10434434.gif

by bukkin | 2005-01-25 16:58 | 年金制度改革の話 | Comments(0)
そぼ降る小雨
 
 朝から霧のような雨、やがてそぼ降る小雨、絶え間なく
しとしとと降り続く薄暗い一日でした。

               都に雨の降るごとく
                          P.ヴェルレーヌ
                          訳.鈴木 信太郎
b0032380_1658448.jpg
               
都に雨の降るごとく
わが心にも涙ふる。
心の底ににじみいる
この佗びしさは何ならむ。

大地に屋根に降りしきる
雨のひびきのしめやかさ。
うらさびわたる心には
おお 雨の音 雨の歌。

 今は 遠いむかし、青春時代に暗唱したセンチメンタルな詩でございます。
愛犬ランを亡くして、どうもまだ尋常ではありません。
雨の音にも感傷的になってしまうのです。

 ”年を重ねただけで人は老いない、理想を失ったとき初めて老いる”と「青春という名の詩」に詠われていますが、愛犬を失ったときも年を取り老いるようです。
 涙もろくなりました。
by bukkin | 2005-01-25 16:36 | ブッキンのつぶやき | Comments(4)
自分のブログを検索して、見てみよう

b0032380_1719217.gif 江津サロンで、桜さんから何回もお聞きしたことに、「ブログはホームページと同じで日本中に、世界中に繋がっています」ということがありました。

 そうかな?でもマイ・ブログが全国的に知られているなんて信じられない。せめてKSNのブログリンク集の仲間内か、KSN-MLの仲間が時々覗いてくれるだけだと思っていたのでございます。

 ところが、2~3度全く見知らぬお方からコメントやトラックバックを頂きましたので、不思議に思って、「Google」と「Yohoo!JYPAN」で検索してみましたら、驚いたことに『ブッキンの戯言』が現れるではありませんか!!

 検索は、単語を並べると直ちに見つけることができます。
例えば、「エキサイトブログ ブッキン」で十分ですし、「ダックスフンドのラン」でも「キエリボウシインコ タロー」でも見つける事ができます。

 ヤフー検索で江津サロンとブッキンの戯言が並んで掲示された時には驚きを通り越して腰が抜けそうになりました。

 驚愕しました。とるに足らない地球上にたった一人しか居ないちっぽけな存在である私のような者のブログがきちんと把握されていたのです。

 私は、KSNブログリンク集に載せて頂いているだけで、何処にもマイ・ブログを公表したことはないのでございます。

 コンピユターの凄さに度肝を抜かれました。

 ブログを開設している皆様。くれぐれもご用心ください。

 住所、氏名、電話番号など書き込む事は危険です!!
b0032380_1731254.gif

by bukkin | 2005-01-24 17:02 | エキサイトブログ探求 | Comments(7)
釣りは、まったく予想できません
 ランの死去でショックを受けましたが、いつまでもめそめそしている訳にはいきません。
釣りバカA船長から誘いがありましたのでオトト釣りに行きました。
もう一人の相棒が急用ができましたので、二人だけの釣行となりました。

 月齢12,6日、 大潮 本渡港満潮、8:13、干潮14:06

 午前4時降りしきる雨の中を出発、現地に付いても風雨が強いので港で待機。
午前8時、雨が小降りになりもう直ぐ止みそうになったので船に乗り出港。
8時30分釣り開始、雨は止むが風邪が強く竿が揺れてあたりが分らない。

 むずむずしたので合わせてみるとメバルが釣れました。次もまたメバル!

 その後まったく当たり無し、場所移動。宮田沖から栖本沖へ。こちらも駄目!!
次いで竹島周辺へ移動、ここもまったく当たり無し。

 10:30頃から朝からの風雨が一転し、青空の広がる絶好の釣り日和となりました。
メバルが釣れたのはメバル日和のせいでしょう。

 昼食をとり、そろそろ帰ろうかと思ったのですが、潮が満ち潮にかかるのであと少しと思って最初の場所に移動しました。

 諦めて携帯でメバル二匹の写真をブログに送信した途端、強烈な引きがやってきました。

 魚釣りとはまったく予想がつかないものです。
その後30分の間に私が真鯛キロ級を二匹(1.2㎏、1.1㎏)おまけにハマチ1.48㎏を一匹ゲットしました。
 
 殆ど同時に船長は、キロクラスの真鯛を三匹,足の裏サイズの馬面カワハギ一匹釣り上げました。
b0032380_2281393.jpg


 坊主に近い釣果でしょんぼりと帰るところでしたが、思わぬ釣果に有り付きました。

 15:00納竿、16:00帰路につき、18:20に自宅に帰り着きました。
氷で絞めて帰りましたので、ものすごく新鮮で刺身は顎が外れそうでした。

 釣果は写真をご覧下さい。
by bukkin | 2005-01-23 22:00 | 釣りバカ控帳 | Comments(2)
情けない釣果
b0032380_1422811.jpg
釣りバカ A船長と二人っきりで出かけました。
彼とは今年初めて釣行しました。
釣れません。
午後2時になるのに、たったのメバル2匹です。

このメールを携帯から送信した直後に、真鯛の強烈な引きがありました。
その後の事は、釣果報告をご覧下さい。
by bukkin | 2005-01-23 14:02 | 釣りバカ控帳 | Comments(0)