タローの話12
本日午後5時30分 宮内庁正式発表

「皇太子妃雅子様ご懐妊。妊娠3ヶ月。経過は順調。11月下旬から12月
上旬頃に出産のご予定。これまで同様、静に見守って欲しい」
日本中が大騒ぎ、歓喜に沸くことでしょう。・・・・・万歳!!!

さて、雑談を続けましょう。タローのもう一つの大きな変化とは、餌を与え
続けた家内にすっかり馴れて家内から両足を持たれて、赤ん坊のように
高い高いをさせる事です。おまけに「キュルキュル~~」と言って羽を広
げて喜ぶのです。

これには驚きました。ここまで慣れるとは思いもよりませんでした。
タローは物凄く鋭い嘴を持っています。
その当時は、私には噛み付くような素振りをしますので、私は恐くて家内
のようには出来ませんでした。雛の時に餌をやらなかった報いです。

そこで私なりに密かに握手をすることを教えました。「握手」と言って指を
差し出すと「アクシュ・・」と答えて籠の外へ足を(手?)のばし、私に指を
握らせます。

タローは雛の時から育てましたが、雛から育てて初めて物真似するように
成るのだそうです。

成鳥で輸入した鳥は、殆ど物真似はしないで、ギャ―ギャ―奇声を上げる
だけで、観賞用にしかならないと言うことです。

成鳥は、よく調べて購入しないと、ろくな事は無いそうです。
変な癖が付いていたり、奇声を発するだけで言葉を教えても殆ど覚えないし、
なかなか慣れないそうです。

動物園にいるのは殆どこれに当たります。以上のことはタローを購入後、
小鳥店のご主人から聞きました。

また皆さんは、ワシントン条約って知っていますか?
私はワシントン会議(1921年)なら知っていましたが、タローを購入する時ま
でワシントン条約は、はっきりとは知りませんでした。

これは、[絶滅の恐れのある野生動植物の種の、国際間の取引を規制する
条約。1973年にワシントンで開かれた国際会議で採択。日本は、1980年
(昭和55)批准、発効]というものです。

この条約が、思わぬ結果に繋がるので御座います。

長くなりました、今日はこれまで。では皆さんバイバイ~~
by bukkin | 2004-09-30 14:29 | キエリボウシインコののタロー | Comments(0)


<< タローの話11 タローの話13 >>