タローの話2

家のペット「キエリボウシインコ」について、話を進めます。

あれは今からちょうど25年前、1976年(昭和51年)の春
のことでした。その頃中学校の教師であった私が、家庭訪問
をしていた時のことです。

お母さん(生徒の母親)が、私との会話中に、何度かお笑
いになった時、驚いたことに縁側の鳥かごの中にいる緑色
の鳩ぐらいの大きさの鳥が、そのお母さんと同じ声で笑うで
はありませんか!

全く同じ声で、同じ調子で笑うのです。私が驚くのを見てお
母さんが笑われる。すると叉鳥が笑う・・・・・・。

私は鳥を見たり、お母さんを見たり、生徒を見たり・・・(@_@);

たまがるも、たまがったも、これには、ブッタマガリました。

ながくなりますので、今日はここまで。では、バイバイ~~
   
☆★~Bukkin~★☆
by bukkin | 2004-09-30 15:40 | キエリボウシインコののタロー | Comments(0)


<< タローの話1 タローの話3 >>